人生にゲームをプラスするメディア

買収提案に揺れるテイク2、Q1は赤字なものの『BIOSHOCK2』や買収で攻めの姿勢

エレクトロニック・アーツからの買収提案に揺れるテイク・ツー・インタラクティブは2008年第1四半期の業績を発表しました。年度末はこれといったタイトルがなく、売上高は2億4040億ドルに対して順損失は3030万ドルとなりました。主なタイトルは『BIOSHOCK』『Carnival Games』『NBA2K8』などでした。

ゲームビジネス その他
エレクトロニック・アーツからの買収提案に揺れるテイク・ツー・インタラクティブは2008年第1四半期の業績を発表しました。年度末はこれといったタイトルがなく、売上高は2億4040億ドルに対して順損失は3030万ドルとなりました。主なタイトルは『BIOSHOCK』『Carnival Games』『NBA2K8』などでした。

テイク2では昨年発売し世界で200万本を超えるセールスを記録中の『BIOSHOCK』の続編として『2』を2Kマリンにて開発中で、2009年10〜12月に発売するということを発表しました。

また2KプレイブランドではWiiで9月に発売して100万本を超えている『Carnical Games』のニンテンドーDS版を今夏に発売すると共に、本作の拡張版としてWii向けの『Carnival Games: Mini-Golf』を秋に発売するとしました。

さらに『マフィア』や『Hidden & Dangerous』の開発元であるチェコのIllusion Softwareを買収、2Kチェコと改名することを明らかにしています。現在『マフィア2』を次世代機とWindows向けに開発しているということです。

CEOのStrauss Zelnick氏は「第1四半期において予測よりも良い結果であったことを嬉しく思っています。私達は幅広いラインナップから収益を上げることができ、次期の『GTA4』に備える事が出来ます。私達の素晴らしいクリエイティブな資産と進行中の業務改善は、力強い成長を続けるゲーム業界において株主の皆様に最高の価値を提供できると確信しています」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  3. 【週間売上ランキング】『街へいこうよ どうぶつの森』が初週30万本で1位(11月17日〜23日)

    【週間売上ランキング】『街へいこうよ どうぶつの森』が初週30万本で1位(11月17日〜23日)

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. スクウェア・エニックスとWindows Azureが見せる本気!新作ゲーム『GUNS N' SOULS』の開発舞台裏

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. 中部地方の学生に朗報 ― 就職・進学展「中部クリエイティブ業界フェスタ2013」3月25日開催

アクセスランキングをもっと見る