人生にゲームをプラスするメディア

SCi/Eidos、経営不振で14タイトルを開発中止、270名の従業員を削減

複数の海外メディアによれば、傘下にEidos Interactiveを持つ英国のSCi Entertainmentが、経営不振から従業員の1/4に当たる270名のカットと開発中ゲームのうち14タイトルの開発中止を決定したそうです。昨年発売した『Kane & Lynch』は全世界で140万本を超えるヒットになりましたが、他の不振をカバーできませんでした。

ゲームビジネス その他
複数の海外メディアによれば、傘下にEidos Interactiveを持つ英国のSCi Entertainmentが、経営不振から従業員の1/4に当たる270名のカットと開発中ゲームのうち14タイトルの開発中止を決定したそうです。昨年発売した『Kane & Lynch』は全世界で140万本を超えるヒットになりましたが、他の不振をカバーできませんでした。

グループの新しい代表となったフィル・ロジャース氏は「我々が変わらなければならないのは明白です。私達は持つフランチャイズを最大化するチャンスを逸しました」とコメントし、開発中の14タイトルを開発中止にする計画を明らかにしました。これによる損失は7960万ドルとなります。

SCiは中堅のゲームパブリッシャーでしたが、2005年に自社より規模の大きかったEidos Interactiveを買収し、英国で唯一のメジャーゲームパブリッシャーとなりました。主要なフランチャイズとしては『トゥームレイダー』シリーズや、『ヒットマン』シリーズがあります。

WiiやPS3といった次世代機の普及に対応できなかったことが不振の要因と考えられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  6. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  7. 中部地方の学生に朗報 ― 就職・進学展「中部クリエイティブ業界フェスタ2013」3月25日開催

  8. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  9. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  10. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

アクセスランキングをもっと見る