人生にゲームをプラスするメディア

「Game Critics Award 2007」が発表―米主要35メディアが選ぶ

米国の一般紙を含むビデオゲームに関係する35メディアが合同で実施しているGame Critics Award 2007の受賞作品が公開されました。IGNや1UP.COMといった主要ゲームメディアから、Los Angels TimesやBusiness 2.0のような一般紙、そしてKotakuのようなブログメディアまで、幅広く著名な35メディアが参加するもので、1媒体1人が選考人となって、10タイトルを持ち点100で配分します。

ゲームビジネス その他
米国の一般紙を含むビデオゲームに関係する35メディアが合同で実施しているGame Critics Award 2007の受賞作品が公開されました。IGNや1UP.COMといった主要ゲームメディアから、Los Angels TimesやBusiness 2.0のような一般紙、そしてKotakuのようなブログメディアまで、幅広く著名な35メディアが参加するもので、1媒体1人が選考人となって、10タイトルを持ち点100で配分します。

1. BIOSHOCK(Xbox360/2Kゲームス)
2. オレンジボックス(PS3/Xbox360/PC/Valve)
3. コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア(PS3/Xbox360/PC/アクティビジョン)
4. Rock Band(PS3/Xbox360/EA)
5. スーパーマリオギャラクシー(Wii/任天堂)
6. Halo 3(Xbox360/マイクロソフト)
7. Mass Effect(Xbox360/マイクロソフト)
8. ゴッド・オブ・ウォーII(PS2/SCE)
9. アサシンクリード(PS3/Xbox360/ユービーアイソフト)
10. アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝(PS3/SCE)

一位となったのはスパイクから2月21日に国内でも発売されることが決定している『BIOSHOCK』。国産タイトルとしては任天堂の『スーパーマリオギャラクシー』が唯一ランクインしました。

これは2007年1月1日〜12月31日に米国で発売されたタイトルを対象にしたものです。

Game Critics AwardはE3版もあり、こちらはE3にプレイアブル展示されたタイトルから選びます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC 2013】『Disney City Girl』のPlaydomが明かす“優れた女性向けゲームの作り方”

    【GDC 2013】『Disney City Girl』のPlaydomが明かす“優れた女性向けゲームの作り方”

  2. 【China Joy 2010】IT業界の巨人がゲームへの参入を明らかに

    【China Joy 2010】IT業界の巨人がゲームへの参入を明らかに

  3. コーエーテクモ、出産祝金を拡充―第3子以降は200万円

    コーエーテクモ、出産祝金を拡充―第3子以降は200万円

  4. 『ラビッツ』が映画化 ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズが合意

  5. 【昨日の人気記事チェック】103インチ画面で『マリオカートWii』を体験!パナソニックセンター東京グランプリ開催決定(7月4日)

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 【TGS2007】コンパニオンフォト:モバイルメーカー編

  9. 【レポート】VR映像ってどうやって撮影されるの?グラドル星名美津紀の撮影現場に潜入

  10. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

アクセスランキングをもっと見る