人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第3四半期業績を発表―通期予想は修正し売上高1兆6300億円、DSが6500万台、Wiiは2000万台を突破

任天堂は平成20年3月期の第3四半期業績を発表しました。それによれば、売上高が1兆3164億3400万円、営業利益が3940億3600万円、経常利益が4308億3000万円となりました。

ゲームビジネス その他
任天堂は平成20年3月期の第3四半期業績を発表しました。それによれば、売上高が1兆3164億3400万円、営業利益が3940億3600万円、経常利益が4308億3000万円となりました。

また、通期の業績予想を昨年10月に発表したものから上方修正し、売上高1兆6300億円(修正前1兆5500億円)、営業利益4600億円(同4200億円)、経常利益4600億円(同4600億円)、純利益2750億円(同2750億円)としました。WiiやDSが好調なため、売上高を見直し、為替レートの想定を1ドル115円から110円、1ユーロ160円から155円へと変更し、以上のような数値になったということです。

Q3はニンテンドーDSが引き続き好調で本体が2450万台売れたほか(累計6479万台)、ソフトでも『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』や『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』などが海外で販売開始になり、『ゼルダの伝説〜夢幻の砂時計』や『マリオパーティDS』といった新作から、『Nintendogs』や『Newスーパーマリオブラザーズ』といった旧作まで好調でした。

Wiiでも期中のみで1429万台が販売され、発売から1年余りで2013万台と2000万台の大台を突破しました。ソフトでも『Wii Fit』や『スーパーマリオギャラクシー』といったタイトルが好調で、『Wii Sports』や『はじめてのWii』なども引き続き好調でした。

配当予想も上方修正されており、1株あたり1190円(中間140円、期末1050円)となりました。

以下、10-12月の販売台数(内は累計)

ニンテンドーDSハード
国内 564万台(2166)
米大陸 844万台(2018)
その他 1024万台(2294)
計 2450万台(6479)

ニンテンドーDSソフト
国内 3334万本(10845)
米大陸 5114万本(10916)
その他 6241万本(11325)
計 14689万本(33087)

Wiiハード
国内 299万台(499)
米大陸 647万台(885)
その他 483万台(630)
計 1429万台(2013)

Wiiソフト
国内 1071万本(1683)
米大陸 4641万本(6090)
その他 2723万本(3546)
計 8435万本(11319)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

    東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

  3. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

    【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  4. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  5. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  6. 家電量販店「さくらや」清算へ・・・一部店舗はビックカメラが引き継ぎ

  7. マリオファクトリー南柏店レポート

  8. スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

  9. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  10. 【Unite Japan 2014】堀江貴文氏「人物の3Dデータ販売は新しいビジネスの可能性」、実写を使ったゲームのいま

アクセスランキングをもっと見る