人生にゲームをプラスするメディア

カナダならゲーム開発者が定時で帰れる!? 世界最大のゲーム開発拠点「カナダ」

人口約3000万人、世界第2位の国土面積をもつカナダ。UBIモントリオールやEAカナダといったメガパブリッシャーの巨大スタジオを誘致したことで、現在世界のゲーム開発の拠点となってきています。

ゲームビジネス その他
カナダならゲーム開発者が定時で帰れる!? 世界最大のゲーム開発拠点「カナダ」
  • カナダならゲーム開発者が定時で帰れる!? 世界最大のゲーム開発拠点「カナダ」
人口約3000万人、世界第2位の国土面積をもつカナダ。UBIモントリオールやEAカナダといったメガパブリッシャーの巨大スタジオを誘致したことで、現在世界のゲーム開発の拠点となってきています。

カナダではアメリカ市場で強いタイトルが多く開発されていて、UBIモントリオールは『アサシンクリード』『スプリンターセル』『レインボーシックス』など、EAバンクーバーは『FIFA』『NBA』『ニードフォースピード』などを開発しています。EAの売上の40%を稼いだ時期もあったとのこと。政府支援も積極的で、最大37.5%の人件費補助(ケベック州による支援)や、ゲームのプロトタイプ開発に2000万円規模の支援をつけるなど中小規模のスタジオの育成もはかっています。しかし、ふだんは「北米」とくくられがちでカナダ固有の情報はほとんど日本で知られていません。

このカナダのゲーム産業の現状について、ゲームジャーナリストの新清士氏と小野憲史氏によるセミナー「カナダゲーム産業レポート」がカナダ大使館で開催されました。

新氏は、カナダのゲーム開発産業が2000年以降安定して成長している現状を紹介、その理由として、カナダで1980年代後半から3dsmaxやSoftimage、Mayaといった3Dツールのベンダが登場したこと、3Dツールの成熟がゲームの3D化にタイミングがうまく合致したことを指摘しました。また、アメリカ合衆国という大消費地が近く経済ブロックとしてもリンクしていること、カナダ政府(おもに州政府)の産業支援が適切に行われたこと、英語だけでなくフランス語が通じることでヨーロッパからの投資・進出の受け入れがよりおこないやすかったこともあげ、ツールベンダが国内にいることで、3Dツールの新機能の共同開発やヒアリングの反映がしやすいというメリットもあるとしています。

小野氏はゲーム開発の現場についてレポート。カナダのゲーム・アニメスタジオを見て驚いたポイントとして「広い!」「(建物が)古い!」「寝袋がない!」の3つをあげ、無理のあるスケジュールを徹夜など人力でカバーするのではなく、開発効率化に投資することでヘッジするカナダの状況を紹介しました。ちなみに寝袋がないというのは残業が皆無だからということで、これはEAに対する訴訟の影響もあるようです(数年前にカナダで仕事をしたことのあるゲーム会社の人によると、訴訟以前はごく普通に長時間労働がおこなわれていたようです)。

カナダ政府によるゲーム産業支援策(ケベック州の人件費補助政策など)については、保護主義的だとの批判もありますが、ゲーム開発などの知識産業での雇用拡大を重要視しており、資本については海外か国内かは問わないと割り切っています(EAはアメリカ企業、UBIはフランス企業)。つまり、優秀な人材を知識産業に引き寄せて産業クラスタを成長させるという明確な目標が設定されているようです。ケベック州の担当者はこうした補助について「(日本が人件費補助にまで踏み込まないのは)日本では人材を集める苦労がないということではないか。カナダでは環境負荷の高い林業などではなく、ゲーム開発など知識産業を育成する必要がある」とも話してくれました。

ちなみに、モントリオールのあるケベック州というと“フランス語圏でプライドが高い”“過激な独立運動”といったイメージがありましたが、現在ではそうした雰囲気はなく、むしろ「多様さを受け入れる土地」となっていて、欧州ばかりでなくアジア出身の起業家も増えてきているそうです。カナダは3000万人規模の国(韓国よりも人口が少ない!)なので、ゲームの消費地としてカナダ1国で注目を集めることはなさそうですが、ゲーム生産国としてはますます重要さを増していきそうです。
《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『ジャストコーズ4』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』他

    今週発売の新作ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『ジャストコーズ4』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』他

  4. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  5. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  6. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  7. 裏設定を初公開!『.hack//G.U.』の完全設定資料集が7月10日発売

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

アクセスランキングをもっと見る