人生にゲームをプラスするメディア

オンラインゲーム一週間『リアルマネーの流れを変える各社の新施策』

PCゲーム オンラインゲーム

厳しい寒波が日本を襲う2008年1月第3週は、オンラインゲーム周辺での動きが見られました。

エムゲームジャパンはゲームポータルサイト「エムゲームポータル」において、2008年1月17日(木)より「アイテムオークション」のβサービスを開始すると発表しました。
「アイテムオークション」はプレイヤー同士がゲームアイテムを売買できるサービス。ゲームの露店とどう違うかといえば、ゲーム内通貨ではなく、仮想マネー「Mint」での売買となるということ。「Mint」のレートは1Mint=約1円。「Mint」を使えば同社のオンラインゲームでアイテムなどを購入可能。特に明るい面を見るならば『英雄オンライン』のアイテムを「Mint」とすることによって、『LOST ONLINE REBIRTH』など、同社の他タイトルをスタートする際の軍資金とすることも可能です。施策次第では、タイトル間の相互乗り入れを促進することもできるのではないでしょうか。プレイヤー間のアイテム取引はMMORPGの華ともいえる部分。MMORPGをプレイしたことがあるならば、名物露店や激安露店、詐欺露店など様々な思い出が存在するはずです。こうしたメンタルな部分と「アイテムオークション」がいかに共存していくかも重要な点ではないでしょうか。

この他にも、課金などが行えるエヌ・シー・ジャパンの「plaync shop」、アイテムを購入できるガンホー・オンライン・エンターテイメントの「ガンホーモバイルSHOP」など、オンラインゲームを巡る「お金」の部分が再編されつつあります。「基本無料+アイテム課金」形式への移行に続く第二の波、ここ数年はオンラインゲーム界にとって特に重要な時期となりそうです。

ハンビットユビキタスエンターテインメントは、『POKIPOKI』のサービスを2008年に開始すると発表しました。また、カプコンは『ダレットワールド』のベータテストを2月上旬にスタートします。

どちらもいわゆる仮想世界(メタバース)系のサービスで、『セカンドライフ』や『meet-me』などの先行タイトルよりもマンガチックなグラフィック。特に『ダレットワールド』はペーパークラフトがモチーフとなっており、見た目も特徴的なものとなっています。オンラインゲームは、タイトル過密以降、ヘヴィなMMORPGと気軽なカジュアルゲームやFPS(一人称シューティング)というように棲み分けを志向してきました。ゲームであれば、プレイ時間の軽重という部分で棲み分けを促すことは可能ですが、メタバースにおける棲み分けに関してはまだまだ未知数。メタバース戦国時代の様相を呈してきた2008年、各仮想世界がどのような形で特色を出していくのか、こちらもポイントとなるのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

    PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  2. 懐かしアニメ“公認”同人ソフトが復活『新世紀GPXサイバーフォーミュラ SIN VIER』発売―VR対応、Steam/Oculusストア販売予定も【UPDATE】

    懐かしアニメ“公認”同人ソフトが復活『新世紀GPXサイバーフォーミュラ SIN VIER』発売―VR対応、Steam/Oculusストア販売予定も【UPDATE】

  3. 『デスティニーチャイルド』スマホ版の配信時期が11月下旬に決定―βテストのアンケート結果も公開

    『デスティニーチャイルド』スマホ版の配信時期が11月下旬に決定―βテストのアンケート結果も公開

  4. 強肩すぎ!『PUBG』見事なコントロールで56メートルの遠投火炎瓶キル

  5. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  6. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  7. 『モンハン:ワールド』海外PC版の情報が近日公開!公式Twitterでスケジュール告知

  8. 非常識ではなく超次元!『イナズマイレブン オンライン』6月4日サービス開始、OPとクライアントが公開

アクセスランキングをもっと見る