人生にゲームをプラスするメディア

中裕司氏のプロペが目指すゲームとは?

『ソニック』『NiGHTS』『サンバDEアミーゴ』『PSO』など様々なゲームを手がけてきたセガの中裕司氏が「クリエイター独立支援プログラム」で独立して設立したプロペ(セガの出資比率10%)、2006年に設立されてからかなり沈黙を守った感がありますが、公式サイトがリニューアルされ、幾つかの情報が公開されています。

ゲームビジネス その他
『ソニック』『NiGHTS』『サンバDEアミーゴ』『PSO』など様々なゲームを手がけてきたセガの中裕司氏が「クリエイター独立支援プログラム」で独立して設立したプロペ(セガの出資比率10%)、2006年に設立されてからかなり沈黙を守った感がありますが、公式サイトがリニューアルされ、幾つかの情報が公開されています。

まず開発するゲームに関しては、「移植作品や続編ではなく、完全にオリジナルの作品」ということを明確にしていて、ソニックシリーズについてもシリーズは続くもののプロペでは手がけないとしています。プラットフォームはWiiなどの次世代機を含む全てのコンシューマー機、PC、モバイルをターゲットということです。

「基本的にグラフィックはリアル志向ではなく、子供も大人も楽しめるような、明るい世界観を構築したい」ということですが、ジャンルは限定せず、集まったメンバーの特性が生かせるもの、企画次第としています。現在スタッフは12月時点で37名、募集中で最大で50名程度まで集めるということです。

ゲームはセガから発売されることになるようです。

プロペの作品を見られるのはもう少し先になるかもしれませんが、期待したいですね。また、中氏らと一緒にゲーム作りをすることに興味のある方は新卒採用、中途採用のいずれもありますので公式サイトをご確認下さい。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. ニンテンドウ64など過去のハードの修理サービスが終了に

    ニンテンドウ64など過去のハードの修理サービスが終了に

  4. 【CEDEC 2012】開発環境共通化の意義とメリット ― カプコン「MT FRAMEWORK」の場合

  5. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  6. PCデポ、ゲーム機をインターネットに接続するサービスを開始

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

  9. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  10. ネクソン、『メイプルストーリー』で1380万人の個人情報漏洩・・・海外は影響なし

アクセスランキングをもっと見る