人生にゲームをプラスするメディア

世紀末世界がやってきた!『北斗の拳ONLINE』プレイレポート

12月25日から第1次クローズドβテストを開始した『北斗の拳ONLINE』。荒涼とした大地で繰り広げられるバイオレンスアクションを原哲夫テイストたっぷりの3D CGで再現したサバイバルアクションRPGとして注目を集める本作ですが、その広大なワールド、自由に行えるPvPシステム、貨幣経済の崩壊による「物々交換」の仕組みなどが醸し出す世紀末世界をご紹介しましょう。

PCゲーム オンラインゲーム
北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
  • 北斗の拳ONLINE
12月25日から第1次クローズドβテストを開始した『北斗の拳ONLINE』。荒涼とした大地で繰り広げられるバイオレンスアクションを原哲夫テイストたっぷりの3D CGで再現したサバイバルアクションRPGとして注目を集める本作ですが、その広大なワールド、自由に行えるPvPシステム、貨幣経済の崩壊による「物々交換」の仕組みなどが醸し出す世紀末世界をご紹介しましょう。

■キャラクタ&ワールド

北斗の拳ONLINEでは、原作「北斗の拳」の世界観を楽しめるよう、さまざまな再現がおこなわれています。

キャラクタメイキングでは、プレイヤーは「二つ名」(3文字以内)と「名前」(6文字以内)をキャラクタにつけます(例:「壊し屋 の インサイド」)。両方がまったく同一のキャラクタがいなければ名付けが可能(名前もしくは二つ名のどちらかが重複してもOK)ということで、従来のMMOと比べて名前の自由度は高い印象です。このバージョンでは二つ名が3文字までとなっていて四文字熟語をつけられないのが残念ですが、ここは開発途上のβ版ということで、ユーザーニーズが高ければ対応もされるのではないでしょうか。キャラメイクでは、性別や体格(身長や太り具合)、顔などをカスタマイズできますが、顔つきは原作テイストを活かしたものが何種類も用意されているので、キャラメイクだけでもかなり楽しめます。

従来のMMOで“職業”や“クラス”と呼ばれるのが「生業(なりわい)」です。クローズドβテストでは「北斗門下生」、「南斗門下生」、「ごろつき」、「大道芸人」の4つの生業が実装されてて、今回のCBTではキャラクタ作成時に自動的に生業が振り分けられます。このクローズドβテストでは1アカウントで2キャラクタまで作ることができますので、思った生業にならなかったときは、もう1キャラクタ作ってみましょう。(正式版では生業はプレイヤーが選べるとのことです)

フィールドはかなり広く、しかも途中のロードやマップ切り替えなどがないシームレスな作りになっています。荒涼とした大地や廃墟ばかりですが、この荒野を走ってみるだけでも楽しそう。クローズドβテストでは、マップは「(リアルの)新宿区ぐらいの広さ」(ガンホー 宣伝担当)となっていて、今後はさらに数倍の広さに拡大されるとのこと。新宿区というと狭そうな感じですが、リアルの新宿は端から端まで直線で歩くだけでも1時間以上かかりますので、CBT時点でも相当な広さといえるでしょう。ゲーム内の時間進行は、リアルの48分でゲーム内の1日が進みます。さまざまな街にクエストが用意されており、クローズドβテストでは多数のクエストが実装されており、たとえば砂漠の集落では集落の長老ウコクからのクエストが受けられます。

おもしろいのが、プレイヤーキャラクタが倒されたときに、その場で再開できる仕組み。多くのタイトルでは死ぬとスタートした街などに戻されてしまいますが、今回の第1次クローズドベータテストではその場で生き返ることができるので、思う存分戦いに集中することができそうです。



■マウス操作でコマンドを出す「直感マウスバトル」

北斗の拳ONLINEで気になるのは、開発初期から大きく変更された戦闘システム「直感マウスバトル」でしょう。これはキーボードに割り振られたパンチ、キック、ガードのキーを押しながら、マウスをコマンドどおりに動かして攻撃を発動させるというものです。キーボードのZキーがパンチ、Xキーがキック、Cキーがガードになっていて、単純な攻撃であれば、Zキーを押しながらマウスを右から左(右手のパンチ)、左から右(左手のパンチ)といったシンプルな操作で発動させられます。より強い攻撃や、北斗百裂拳など北斗神拳奥義を発動させるには、より複雑なマウス操作(原則非公開)が必要になります。ある程度ゆっくりコマンド入力ができますが、斜めを含む一連のコマンド入力を正しく認識させるには、マウスを傾けずに操作するのに慣れが必要です。

MMOの戦闘システムとしては若干特殊で、乱戦なし、一対一が基本になっています(ボス戦は多対一)。いわゆるエンカウント式と異なり、この戦闘は他のプレイヤーにも見えているので、奥義を取得して見せびらかすというのも楽しそう。クローズドβテストの生業の中で、唯一「北斗門下生」のみが北斗神拳を使えますが、攻撃が効いて敵がふらついてるときに奥義を決めると秘孔が現れ、正しくクリックすると残りヒットポイントにかかわらず一撃で倒すことができます。

チャットの入力はフキダシで表示され、さらに戦闘中には「ピキィン」「ドコッ」といった書き文字が画面に踊るなど、北斗の拳らしさが表現されています。

PvPはどこででもOKで、しかも前述のように「倒されてもその場で再開」なので、PvPだからといってあまり難しく考えず、他のプレイヤーとの世紀末バトルを楽しむのがよさそうです。



■「生業」を変えながらさまざまな能力を身につけたキャラクタを育てよう

この『北斗の拳ONLINE』で特徴的なのは、「生業」がキャラクタに固定的ではないというところでしょう。プレイスタイルによって「術・強・能・謀」の4つのパラメータが変化し、レベルマップしていく中で生業が変わっていくようになっています。さらに奥義を「忘れる」ことができる仕組みがあり、これはたとえば北斗神拳の奥義を持ったままごろつきになったり、一時的に大道芸人になってジャグリングやパントマイムを身につけて南斗に戻ったりできるということで、キャラクタは、プレイヤーの振る舞いに応じて転身を繰り返しながら世紀末を生きていくことになります。ちなみに転業(生業の転職)は、今後クローズドβテストの2回目やオープンβテストで可能になるとのことです。

『北斗の拳ONLINE』は、原作をうまく再現した世界で格闘戦を楽しめる独特なゲームに仕上がってきていて、戦闘システムの敷居はちょっと高いものの、一度攻撃を決められるようになればあとは慣れなので、原作ファンにはかなり楽しい作品といえそうです。チャンスがあれば是非トライしてみてください。

(C)1983 Buronson & Tetsuo Hara/NSP Approved No.EO-116(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.※画面写真は開発中のものです。
《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  2. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

    余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  3. 【Indie Japan Rising】傑作フリーゲーム『魔王物語物語』『ムラサキ』のカタテマが語るゲームデザインと物語

    【Indie Japan Rising】傑作フリーゲーム『魔王物語物語』『ムラサキ』のカタテマが語るゲームデザインと物語

  4. よく聞く「TD」ってなに?今さら聞けない「タワーディフェンス」…基礎から初心者にお勧めのゲームまで徹底紹介

  5. 「Steam ハロウィンセール」11月3日まで開催 ―『The Witcher 3』をはじめ大型タイトル満載

  6. ユーザー評価を理由に配信停止、ゲーム開発者が胸の内を語る

  7. 『ロード オブ ヴァーミリオン バトルアリーナ』発表会&プレイレポ!和製MOBAタイトルの魅力に迫る

  8. 『初音ミクVR』Steam配信開始―3月9日は“ミクの日”です!

アクセスランキングをもっと見る