人生にゲームをプラスするメディア

『スマブラX』ジャンプフェスタで初体験!

任天堂は公式ホームページの「ジャンプフェスタ2008」のページを更新し、2008年1月24日に発売する『大乱闘スマッシュブラザーズX』をプレイアブルで展示することを明らかにしました。昨日まで、「マリオの登場する新作も・・・」という文言がありましたが、そのタイトルとは『スマブラX』だったようです。NINTENDO64、ゲームキューブと発売されてきて、今回がシリーズ第3作目となる人気の格闘アクションゲームの最新作。マリオやピカチュウ、カービィ、リンクといった任天堂キャラクターが勢ぞろいする豪華内容ですが、今回はセガからソニックとKONAMIからソリッド・スネークが参戦します。Wi-Fiで全国の通信対戦にも対応、期待の一作です。プレイアブルで展示されるのは今回が初めてで、任天堂ブースには多数の来場があることは間違い有りません。サイトにも「混雑した際には体験いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。」という文言が。週末は幕張メッセへGO!

任天堂 Wii
任天堂は公式ホームページの「ジャンプフェスタ2008」のページを更新し、2008年1月24日に発売する『大乱闘スマッシュブラザーズX』をプレイアブルで展示することを明らかにしました。昨日まで、「マリオの登場する新作も・・・」という文言がありましたが、そのタイトルとは『スマブラX』だったようです。NINTENDO64、ゲームキューブと発売されてきて、今回がシリーズ第3作目となる人気の格闘アクションゲームの最新作。マリオやピカチュウ、カービィ、リンクといった任天堂キャラクターが勢ぞろいする豪華内容ですが、今回はセガからソニックとKONAMIからソリッド・スネークが参戦します。Wi-Fiで全国の通信対戦にも対応、期待の一作です。プレイアブルで展示されるのは今回が初めてで、任天堂ブースには多数の来場があることは間違い有りません。サイトにも「混雑した際には体験いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。」という文言が。週末は幕張メッセへGO!
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  6. 『無双OROCHI3』東洋水産とコラボ!「赤いきつね」か「緑のたぬき」が1年分もらえるチャンス

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る