人生にゲームをプラスするメディア

インテルが考える未来のWiiの姿

米誌「ビジネスウィーク」が"Supercomputing for the Masses(大衆向けのスーパーコンピューティング)と題して、第二の転換期を迎えて変わりつつあるコンピューター業界の現状についてレポートしています。スーパーコンピューターは天体や気象、金融といった大規模な計算や分析に使われるのが主でしたが、データセンターやデスクトップPCなどもっと一般的な用途にも利用が模索されているそうです。

任天堂 Wii
米誌「ビジネスウィーク」が"Supercomputing for the Masses(大衆向けのスーパーコンピューティング)と題して、第二の転換期を迎えて変わりつつあるコンピューター業界の現状についてレポートしています。スーパーコンピューターは天体や気象、金融といった大規模な計算や分析に使われるのが主でしたが、データセンターやデスクトップPCなどもっと一般的な用途にも利用が模索されているそうです。

その中でもゲーム機というのは一つの大きなターゲットです。現在主流のゲーム機(Wii、PLAYSTATION3、Xbox360)は全てIBM製のプロセッサーを搭載し、特にPS3はソニーや東芝と共同開発した強力なCellを採用しています。

PC向けで大きなシェアを握るインテルとAMDもこの現状に指をくわえているだけでなく、インテルは先日発表した1秒間に1兆回の計算を処理することのできる最速のチップで、将来のモーションコントロールを採用したゲーム機を構想しているようです。

「私達は、コントローラーを使わない次世代のWiiを想像しています。部屋にカメラを置くだけで、コントローラーは使わず、腕を振るだけでテニスがプレイできるような」インテルの最高技術責任者(CTO)を務めるJustin Rattner氏は述べます。

一度はXboxに採用されたものの、現状ではゲーム業界に足場のないインテルですが、最大手の意地を見せてハイスペックで生み出す面白いものを提案できるのかどうか注目です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

    VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

  2. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る