人生にゲームをプラスするメディア

ゲームロフトがEZweb向けに11月29日より『ベオウルフ』を配信開始

モバイル・スマートフォン 全般

ロバート・ゼメキス監督作品
超大作ハリウッド映画の公式ゲームが誕生!

モバイルゲームの開発・販売を行うフランスの大手パブリッシャー、ゲームロフト社の日本法人であるゲームロフト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 アレクシー・グレゾヴィアック)は、11月29日、EZwebで『ベオウルフ』の公式モバイルゲームをリリースいたします。
*本タイトルは、Yahoo!ケータイ、i-mode向けでは12月3日より配信開始となります。

ベオウルフ
世界的名監督ロバート・ゼメキス製作の超大作映画「ベオウルフ」の公式ゲーム。携帯電話用ゲームのハック&スラッシュのジャンルに旋風を巻き起こします。勇猛な戦士ベオウルフとして悪鬼グレンデルを退治し、さらには息子の復讐に燃えるその母をも打ち倒して、後世に名を残しましょう。

特徴
ストーリーやセリフ、設定は映画を忠実に再現
ハック&スラッシュのジャンルに旋風を巻き起こす戦闘シーン
高性能グラフィックエンジンを搭載。最先端技術「パフォーマンス・キャプチャー」を使用した映画映像を、携帯電話の画面でも再現

■タイトル:ベオウルフ
□ジャンル:アクション
■情報料:315円(税込)/1ダウンロード
□配信開始日:2007年11月29日
■対応機種:BREW2.1および3.1対応
□アクセス方法: au one→カテゴリ検索→ゲーム→アクション・シューティング→ゲームロフト★シネマ
《階堂 綾野》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

    『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  2. 『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

    『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

  3. Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

    Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

  4. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  5. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  6. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  7. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』7月19日に「Ver 1.4.0」へのアップデートが決定!

  8. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. 『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』2018年配信決定!公式サイトでは主題歌の試聴も

アクセスランキングをもっと見る