人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、初の業務用オリジナル作品として『ロード オブ ヴァーミリオン』を発売決定

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは業務用ゲーム機で初のオリジナル作品として、『ロード オブ ヴァーミリオン』を発売することを決定したと発表しました。同社はタイトーを傘下に収めるなどアミューズメント施設への取り組みを拡大していて、夏から展開している『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』はヒット作品になっています。

『ロード オブ ヴァーミリオン』は、スクエニが得意とするファンタジーの世界観とストーリー、RPGのようなゲームシステムを持ったネットワーク対応のトレーディングカードゲームで、自分のキャラクターを成長させる楽しみ、装備品によるコーディネートによる戦力強化など一人で楽しめる要素と、全国のユーザーとネットワークを介した対戦の要素があります。

また豪華なイラストレーターも多数参加しているということです。

来月7日〜16日の期間で秋葉原「HEY」、池袋「池袋GIGO」、川崎「ナムコランド川崎店」にてロケテストが実施されるということです。気になる方は是非足を運んでみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  2. 元欧州任天堂社長がモバイルブリッジに

    元欧州任天堂社長がモバイルブリッジに

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. 基本無料ではなく完全無料!? 『Unreal Tournament』シリーズ最新作の挑戦

  5. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  6. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 【CEDEC 2010】距離を超えた海外との共同開発~『FFXI』海外版制作事例

  9. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  10. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

アクセスランキングをもっと見る