人生にゲームをプラスするメディア

Wiiが米国で一周年を迎える―「景気後退も懸念せず」米国任天堂社長

任天堂 Wii

時差の関係で日本では既に本日は20日ですが、米国では19日でWiiが発売されてからちょうど一周年を迎えました。世界に先駆けて北米で発売されたWiiは最初の8日間で60万台を売るという好調なスタートを切り、次いで12月2日に日本、8日に欧州で発売されました。

北米でWiiは『Wii Sports』を同梱したパッケージで発売が開始され、『はじめてのWii』や『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』といった人気タイトルを得て好調に推移しました。北米以外の地域でも好調は同様で、今年9月末までに日本国内367万台、北米546万台、欧州その他404万台、計1317万台の販売を達成しています。

10月末に調査会社のiSupplyはソニーを抜いて最大のゲームメーカーになったというレポートを出しました。

今後の売れ行きも非常に前向きに見られています。任天堂オブアメリカのレジー・フィーセメイ社長兼COOは、CNBCに対して「出荷できる限りの数を販売できる状況です。それをいかに大きな数に出来るかという問題です」と述べています。サブプライム問題などで景気後退も予測されますが「そのような状況でも我々の業界はいつも上手くやれてきました」と楽観的な見通しを示しています。

「消費者は我々の商品を家で、みんなで楽しめるそう高価ではない娯楽だと考えてくれています。ですから、私達はこのホリデーシーズンも素晴らしいものにすることができると思いますし、2008年もきっと最高の一年になることでしょう」

国内では12月2日に1周年を迎えます。前日には『Wii Fit』も発売予定です。

おまけ

Wiiのバースデーケーキ(Engadget) Engadget3周年に読者から贈られたものらしいですが
Wiiにローソクを立ててみた(GamePro)
ちなみに17日にPS3も一周年でした(Cinema Blend)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

    『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  3. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  4. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  8. 『名探偵ピカチュウ』ハリウッド実写版ピカチュウ役は"デップー"のライアン・レイノルズに

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  10. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

アクセスランキングをもっと見る