人生にゲームをプラスするメディア

【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開

カプコンは11月18日に東京・池袋のサンシャインシティにて「ロックマン20周年記念イベント」を開催し、様々なイベントを実施しました。会場には生みの親である稲船敬二氏も訪れ、ステージで楽しいトークを展開しました。今回はロックマンの漫画を描いてきた3人の先生と稲船氏を招いて行われた「ロックマン20周年記念スペシャルステージ」の模様をお伝えします。

ゲームビジネス その他
【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
  • 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開
カプコンは11月18日に東京・池袋のサンシャインシティにて「ロックマン20周年記念イベント」を開催し、様々なイベントを実施しました。会場には生みの親である稲船敬二氏も訪れ、ステージで楽しいトークを展開しました。今回はロックマンの漫画を描いてきた3人の先生と稲船氏を招いて行われた「ロックマン20周年記念スペシャルステージ」の模様をお伝えします。

まず登場した稲船氏は「20周年ということは最初に作ったのはもう20年も前ということです。そんな作品が今でも沢山の人に支持されて、こうして多くの人に集まってもらえたのは感無量です。当時は新人で入ったばかりで、無我夢中で作った作品です。すごくゲームが作りたいと思って入ったので、とにかく嬉しかった思い出があります」とコメント、会場を訪れたファンに感謝を示しました。



漫画家の岩本佳宏氏、有賀ヒトシ氏、出月こーじ氏も壇上に上がり、様々なエピソードが聞けました。それぞれ同じキャラクターを描く機会もあったということで、岩本先生は、有賀先生が先に描いたドップラーを描く時に、とにかくもっと凶悪そうなキャラクターを、ということで蝶を食べさせたりしたそうです。3人とも、担当編集が同じということで、編集さんを通して他の先生の話を聞くこともあったそうです。

ゲームの秘話も飛び出しました。本邦初公開という「ヴァヴァ」の名前の由来は、稲船氏の大好きなメル・ギブソンの映画「マッドマックス」に登場する悪役の名前から取ったそうです。また、ロックマンゼロのゼロは、稲船氏が入社当時に別のラインで開発されていたという『ストライダー飛竜』に登場したセロというキャラが大好きでそれから取ってゼロとしたそうです。



会場からの質問コーナーでは、ロックマンのボスキャラの募集が行われた経緯について質問がありました。稲船氏は「ファミコンブームの時代なのに『1』は10万本くらいしか売れず、どうしても続編が作りたくて営業へのプレゼンの意味もあって、ユーザーを巻き込む企画を考えました。ちょっと大人の事情もあります(笑)」と返答。ユーザーからの応募はかなり刺激にもなったそうです。

会場で訪ねたところ、実際にボスキャラに応募して採用された方が2名ほどいました(ソードマンとチャージマン)。採用されなかったものの応募したという方も、かなりの数がいました。有賀先生も何度も応募したそうですが、採用には至らずに、漫画家になって初めてボスキャラを描く事ができたそうです。

ステージの最後に稲船氏は詰め掛けたファンに対して「みんなのこういう顔を見るとまた作らなきゃという気持ちになります。『流星のロックマン』とは違うロックマンをまた作りたいという思いはあります。もしかしたら早い段階で皆様にお見せできるかもしれません。25周年の時は是非一緒に語りあいたいと思います。みなさんのお陰で私もここにいます。まだまだ現役で頑張りますので、これからも宜しくお願いします」というメッセージを送りました。

ステージには始まる前から多くの人が駆けつけ、稲船氏や漫画家の先生達の言葉に耳を傾けていました。ロックマンTシャツを着たり、沢山のロックマンコミックを持った来場者もおり、ロックマン人気の高さを感じさせました。

《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

    今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

    【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

  4. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  5. 【台北ゲームショウ2016】台湾ナンバーワンのMadheadが贈る新作『時空之門』は日本でも配信予定

  6. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  7. 【CEDEC 2012】『シェルノサージュ』はどのようにクラウドサービスを導入したのか

  8. 12種類のアルセウスが登場「ポケモンカード」新拡張パック発売

  9. 『MGS2』ソリダス・スネークの英語版声優が逝去

  10. ティム・スウィーニーも来日、EpicがCEDECで未来のゲーム開発を語る・・・「Unreal Japan News」第51回

アクセスランキングをもっと見る