人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏が55歳の誕生日を迎える―1952年11月16日生まれ

「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」などを手がけ、任天堂を世界を代表するゲームメーカーにしたゲームデザイナーの宮本茂氏が11月16日に55歳の誕生日を迎えました。1日に発売された『スーパーマリオギャラクシー』に続いて12月1日には『Wii Fit』も発売、いまだ衰えるところを知りません。

ゲームビジネス その他
「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」などを手がけ、任天堂を世界を代表するゲームメーカーにしたゲームデザイナーの宮本茂氏が11月16日に55歳の誕生日を迎えました。1日に発売された『スーパーマリオギャラクシー』に続いて12月1日には『Wii Fit』も発売、いまだ衰えるところを知りません。

宮本氏は1952年11月16日に京都府船井郡園部町(現在の南丹市園部町)に生まれ、1977年に金沢美術工芸大学を卒業後、工業デザイナーとして任天堂に入社しました。入社後は商品のパッケージデザインなどに携わりました。処女作はアーケードの『ドンキーコング』でした。

近年は様々な賞を受賞することも多くなっています。

・2007年11月 母校の金沢美術工芸大学で栄誉賞(第1号)を受賞
・2007年10月 AskMen.comで「今年最もクールな男性」で19位に
・2007年10月 「エコノミスト」でコンシューマー製品での革新について表彰
・2007年5月 「TIME」で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる
・2007年2月 ゲームデベロッパーズカンファレンスで基調講演
・2007年2月 GDCのDeveloper's Choice Awardで生涯功労賞を受賞
・2007年2月 第12回AMDAward功労賞を受賞
・2006年12月 岩田社長と共に外国人特派員協会で講演

ますますの活躍を期待したいですね。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  2. 【東京ゲームショウ2013】「アオモリズム」中村隆之×神奈川工科大学ゲーム制作のこだわり

    【東京ゲームショウ2013】「アオモリズム」中村隆之×神奈川工科大学ゲーム制作のこだわり

  3. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  4. 海外パブリッシャー向けの営業とは・・・IGDA日本グローカリゼーション部会 特別セミナー

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  7. 『バイオハザード』クリエイターを招いた「ゲームクリエイティブフェスタ」が開催決定―『バイオ7』裏話も!?

  8. 【GDC2011】英国、ドイツ、フランスだけでない欧州市場・・・デジタル流通に大きな期待

  9. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

  10. 【週間売上ランキング】『ディシディア ファイナルファンタジー』2週連続1位(1月5日〜1月11日)

アクセスランキングをもっと見る