人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』プレイレポート&川田プロデューサーインタビュー

任天堂 Wii

お待たせしました! Wiiのバイオハザード新作がいよいよ来週15日に発売となります。Wiiザッパーに対応したガンシューティングとなった『バイオハザード アンブレラクロニクルズ』をいち早く体験する機会がありましたので、紹介します。また、川田プロデューサーにもお話を聞けました。

既報の通り移動は基本的にオートで、プレイヤーは襲い掛かるゾンビ達に対して照準を合わせ、傷を負わずに殲滅していくかに集中します。一見楽なゲームに思えますが、敵の凶悪さ、テンポを上下しながら多数登場するゾンビに、難易度は決して低くありません。残数を意識しながら、相手に対して適切な武器を選択、狙いを定めて撃つ! 大げさなWiiザッパーがこれほど似合うゲームはなかなか無いでしょう。



今回体験したのは「黄道特急事件」と「ラクーン市壊滅事件」。黄道特急ではレベッカ・チェンバースとなり列車内を捜索。ドアを一つ開けると目の前にはゾンビの姿が。階段を駆け上がるとヒルの群れが襲い掛かってきます。比較的スローな展開の黄道特急に対して、ラクーン市壊滅では多数のゾンビが多いかかり、瞬時の判断が要求されます。ルート分岐によって戦い方も変化していきます。

このゲームの楽しさを一言で表現すると「撃つ楽しさと撃たない冷静さ」でしょうか。是非ともWiiザッパーと一緒に遊んで欲しい作品です。突然敵が現れないか警戒しながら進む、多数の敵を上手く近づけないように蹴散らしていく。静と動の繰り返しが、文字通り手に汗握るガンシューティングにしています(ほんとに汗かいてましたもん、自分)。Wiiリモコンを軽く握って冷静に戦うよりも、Wiiザッパーを抱えて熱く戦って欲しいところです。

難易度も決して低くはありません。自分がゲーム下手なのもあるとは思いますが、ボス戦で何度死んだことか分かりません。1つのチャプターをクリアするのに1時間以上かかっていたのを見て「下手だなあ」と落ち込むと同時に、あっという間の時間だったと感じました。ステージも多数用意され、分岐でも異なる場面展開が楽しめるのでかなりのボリュームがあるように思います。

なかなかじっくり腰を据えて遊べるゲームが少ないと言われてきたWiiですが、本作は「そろそろ本格的なゲームを」という期待に応えるものであると思います。ザッパーを握ってプレイして欲しいですね。


そして、プロデューサーの川田将央氏にインタビューを行いました。


《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

    『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選!こんなのあるって知ってた!?

    『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選!こんなのあるって知ってた!?

  3. スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売! 早期購入特典として“懐かしの一作”を移植

    スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売! 早期購入特典として“懐かしの一作”を移植

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スプラトゥーン2』更新データVer2.2.0の配信スタート

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  8. 『戦場のヴァルキュリア4』新たな登場キャラクターと成長システムを一挙公開

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る