人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 メタルギア延期、新ハードの時期は?岩田社長

ゲームビジネス その他

NOVAにアイピーモバイルと、倒産のニュースが続きます。NOVAは英会話学校で半数近いシェアを占める最大手。生徒の救済は容易ではなさそうです。ゲーム関連はこんなニュースがありました。

日経産業新聞2面「メタルギア4 コナミ発売延期」
KONAMIは今冬発売予定としていたプレイステーション3向けの『メタルギアソリッド4』の発売日を2008年4-6月に延期すると発表しました。理由についてはよりよい製品にするためと説明しています。本件に関して業績予想に変更は無いということです。

日経産業新聞7面「顔認識ソフト 携帯・ゲームに販路拡大 OKI」
沖電気は顔を認識するセキュリティソフトを携帯電話やゲーム機など、これまで以外の分野にも拡販していくということです。既に任天堂から発売されたDSの『顔トレーニング』や、携帯向けのサイト「顔ちぇき」に採用されています。今後3年間で20-30社の採用を目指すということです。

日本経済新聞11面「ゲーム機、需要見極め 任天堂岩田社長」
任天堂の岩田社長はゲーム機の寿命が5年というのは当てはまらなくなったと言います。「ゲーム機の寿命をいかに延ばして利益を出すかが重要」として飽きさせないためのサービスを矢継ぎ早に展開します。一方でイノベーションで一瞬でひっくり返されるのがゲーム業界「延命策をどこで捨て去り、次の新製品を投入するかが経営者として最も難しい判断になる」としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

    任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  2. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  6. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  7. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  8. 最高画質でも完璧! TSUKUMOの『ファンタシースターオンライン2』推奨認定PCレビュー

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. 五感を刺激する夢のマシン「VRセンス」稼働開始、女の子の“香り”まで再現!?

アクセスランキングをもっと見る