人生にゲームをプラスするメディア

イマジニア中間期、経常利益予想を40%上方修正

傘下にゲームメーカー、ロケットカンパニーを持つコンテンツ配信大手のイマジニアは、平成20年3月中間期の業績予想を上方修正しました。売上高は減少したものの、経常利益は大幅に伸びました。

ゲームビジネス その他
傘下にゲームメーカー、ロケットカンパニーを持つコンテンツ配信大手のイマジニアは、平成20年3月中間期の業績予想を上方修正しました。売上高は減少したものの、経常利益は大幅に伸びました。

それによれば、モバイルコンテンツ事業において収益性の向上を目的としてサイト運営中止や新規サービスの遅れがあり、ニンテンドーDS向けの『財団法人日本漢字能力検定協会公認 漢検DS2+常用漢字辞典』と『英検DS 〜旺文社検定書シリーズ準拠〜』の価格を戦略的に下げたこと、『時事通信出版局協力 家庭の医学 DSで鍛える食材トレーニング』が下期の発売になったことで、売上高は連結で30億5000万円(予想比12.9%減)となりました。

営業利益は売上高の減少があったものの、販売費や一般管理費が予想以上に下回ったことから、予想並みとなり、礼状利益と当期純利益については有価証券運用益の影響で、経常利益10億円(予想比21.2%増)、純利益3億5000万円(同16.7%増)と予想を上回る結果となりました。

通期予想に変更はないということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マーベラスエンターテインメントが組織改編、ゲーム事業統合

    マーベラスエンターテインメントが組織改編、ゲーム事業統合

  2. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  3. リーダーは泥まみれになる覚悟をもて!橋本善久氏のプロマネ講座・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

    リーダーは泥まみれになる覚悟をもて!橋本善久氏のプロマネ講座・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  4. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  5. Emergent「Gamebryo」、NVIDIAのPhysXテクノロジをゲームエンジンに採用

  6. 偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

  7. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  8. 【ゲームニュース一週間】コミュニケーションゲームから忍び寄る魔の手

  9. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る