人生にゲームをプラスするメディア

TDKコアをコロムビアミュージックが買収へ

コロムビアミュージックエンタテインメントは、TDKが保有するTDKコアの全株式を取得し買収すると発表しました。TDKコア1979年に磁気テープ関連事業の子会社として設立され、現在ではDVD作品や、ゲーム関連ではニンテンドーDS向けの『見ながら折れる DSおりがみ』『みんなのDSゼミナール カンペキ英単語力』『フルーツ村のどうぶつたち2 〜お空のフルーツランド〜』といったタイトルをリリースしています。

ゲームビジネス その他
コロムビアミュージックエンタテインメントは、TDKが保有するTDKコアの全株式を取得し買収すると発表しました。TDKコア1979年に磁気テープ関連事業の子会社として設立され、現在ではDVD作品や、ゲーム関連ではニンテンドーDS向けの『見ながら折れる DSおりがみ』『みんなのDSゼミナール カンペキ英単語力』『フルーツ村のどうぶつたち2 〜お空のフルーツランド〜』といったタイトルをリリースしています。

コロムビアミュージックとしては投資会社リップルウッドの出資を受けて以降、収益構造の改革を進めており、今後の成長戦略として音楽ソフトのみでなく、ゲーム・教育ソフトに実績のあるTDKコアを取得することが必要であると判断したということです。今後はコストの削減を図りながら、ゲームソフト事業を核にして新たな事業展開を進めていくということです。

対してTDKとしては電子部品事業への資源の集中を進めており、今月26日にも米デンセイ・ラムダ社の買収、アルプス電気のHDD用磁気ヘッド事業の買収を行っています。そうした中でTDKコアの事業は他の事業とシナジーが薄く、売却することでTDKコアとして成長を図っていくことに繋がると判断したようです。

株式の取得金額は15億円とのこと。

ちなみにTDKは米TDKが保有していた同じくゲームパブリッシャーのTDKメディアクリティブも2003年に売却しています(売却先はテイク2インタラクティブ)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで

    【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第8回:最終回 他ソフトとのデータ連係:Shade11実践編

  6. 任天堂、ファミコンなど一部の過去ハードの修理受付を終了

  7. 今週発売の新作ゲーム『ボーダーランズ ゲーム・オブ・ザ・イヤー エディション』『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』『死印』他

  8. マイクロソフト、『Minecraft』のMojangを2500億円で買収・・・全プラットフォームに提供していく(2)

  9. DeNAのエンジニアスペシャリスト採用、新卒でも最高年俸1000万円

  10. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

アクセスランキングをもっと見る

1