人生にゲームをプラスするメディア

好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ

ゲームビジネス その他

好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
  • 好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
  • 好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
  • 好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
  • 好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
  • 好調なNINJA GAIDENΣがオンラインゲームの遅れをカバー:テクモ
テクモは2007年12月期の中間決算(2007年1〜6月)に関する説明会を開催しました。7月5日に発表のあった中間業績の上方修正からさらに増益となり、連結の中間実績は売上高64億6100万円、経常利益14億8500万円とのことです。

主な増益要因は販売管理費の圧縮によるものだとしていますが、PS3用のNINJA GAIDEN Σが6月末の時点で全世界45万本出荷(8月22日で50万本出荷)と好調だったことなどが営業利益の上乗せにつながったとのことです。

その一方で、Gallop Racer ONLINEとモンスターファームオンラインのサービス開始が遅れたことで、オンラインゲーム事業の通期での売上高・利益は当初計画より減少の見込みとしています。

通期では売上高140億円(計画から変わらず)、経常利益2200億円(計画より300億円増)を見込むとのことです。

テクモが今後年内にリリースを予定しているWii向けタイトルは「スイングゴルフ パンヤ 2ndショット!」と「Project Rygar(仮)」、DS向けタイトルは「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」「NINJA GAIDEN Dragon Sword」となっています。
《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  5. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  6. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  7. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  8. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  9. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  10. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

アクセスランキングをもっと見る