人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の時価総額は国内5位に、SMBCを抜く―8兆7000億円

ゲームビジネス その他

昨日の業績見込みの上方修正を受けて、26日の株式市場でも任天堂株価は続伸。一時ストップ高となるなど、終値は前日比+5000円プラスの6万1800円で時価総額は8兆7551億円に。国内銘柄ではキヤノンに次ぐ5位。三井住友フィナンシャルグループ、NTT、ホンダ、ドコモなどを一気に抜き去りました。

26日の売買代金でも1527億円となり、全市場でトップでした。

任天堂は25日の午後に、ニンテンドーDSやWiiが引き続き好調であること、また円安が進んでいることから平成20年3月期連結業績の見込みを、売上高1兆4000億円(修正前:1兆1400億円)、営業利益3700億円(同:2700億円)、経常利益4100億円(同:2900億円)、純利益2450億円(1750億円)と大幅に上方修正しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  3. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

    ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

  4. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

  5. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  6. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  9. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る