人生にゲームをプラスするメディア

【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス

ソニー PS3

【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
  • 【E3 07】メタルギアソリッド4、UT3、Killzone2と注目作目白押しのSCEプレスカンファレンス
Games,Games and More Games……。今年のE3に臨むに当たって、ソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ(SCEA)が掲げたテーマだ。7月11日(米国時間)に米サンタモニカで開催されたSCEAプレスカンファレンスでは、PS2、PSP、PLAYSTATION Netowork、そしてPS3の各プラットフォームごとに大量のソフトラインアップが紹介された。

会場では、まずSCEA社長のジャック・トレットン氏が、PS3のバーチャル・コミュニケーションサービス「Playstation Home」に登場するところから始まった。これはGDC2007で発表されたもので、本年11月にネットを通して無償配信される、SNS的な要素を持つバーチャルサービスだ。この後もSCE代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏や、ワールドワイドスタジオ社長であるフィル・ハリソン氏が登壇し、随時「Playstation Home」と実際のステージを行き来しつつ進行するという、ユニークな形でカンファレンスが続けられた。

初めにトレットン氏は8月より80GB版を投入、7月より60GBモデルを499ドルで発売と、北米でPS3本体の値下げを発表したことに触れつつ、まずはPS2の最新タイトルについて話しはじめた。人気アクションゲームの続編「God of War II」や、欧州で人気のクイズゲーム「Buzz!」、カラオケゲームの「Singstar」などのリリースを発表、年末商戦までに160本の新作タイトルが発売される。全世界で最も普及しているプラットフォームとして、変わらぬ存在感をアピールした形だ。

なお、これらはすべて米国での発売であり、日本発売は原則として未定であることは注意してほしい。以後も特記がない限り米国での発売情報となる。

続いて話題がPSPに移り、平井氏がステージに登壇。33%軽量化を果たし、19%薄型を実現した新型PSPを発表した。新たに映像出力端子も備えており、テレビに接続してUMDの映像コンテンツやゲームなどを大画面で楽しめる。UMDローディング時間の短縮や、PS3、PCのUSB端子からバッテリー充電できる機能も備えた。本体色はピアノブラック(黒)、セラミックホワイト(白)、アイスシルバー(銀)の3色で、9月から日米欧で順次発売され、価格は現行の169ドル(日本では20,790円)と同価格帯になる見込み。10月9日に新型PSPとのセットで限定モデル「Star Wars Battlefront PSP Entertainment Pack」も199ドルで発売されるとのことで、チューバッカもお祝いに駆けつけた。

3番目に紹介されたのは、ダウンロードコンテンツを中心とした「PLAYSTATION Netowork」。こちらはフィル・ハリソン氏から、SCEJ開発のパズルゲーム「ecochrome」のほか、「PAIN」「WipeOut HD」「SOCOM US Navy SEALs: Confrontation」「Warhawk」の各トレーラーが紹介された。北米向けに年内40タイトルの投入も予定されている。このうち「SOCOM〜」「Warhawk」はダウンロードとブルーレイディスクの両方で展開される予定だ。また「ecochrome」は「ゲームやろうぜ」プロジェクトで制作されたタイトルで、エッシャーのだまし絵風のフィールドを回転させながら、キャラクターをゴールまで導くという意欲作。こうした挑戦的なタイトルがダウンロードで配信されるのは歓迎だ。

「Playstation Home」でも、Home内の映像をキャプチャして専用SNSページで共有したり、携帯電話で撮影した写真をHome内に張り付けるデモや、Home内で「MotorStorm 〜モーターストーム〜」をシームレスに起動し、通信対戦を行うデモが行われた。


《小野憲史》

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS4 DL販売ランキング】『UNDERTALE』初登場首位、『ドラクエX』のオールインワンパッケージが3位ランクイン(8/23)

    【PS4 DL販売ランキング】『UNDERTALE』初登場首位、『ドラクエX』のオールインワンパッケージが3位ランクイン(8/23)

  2. 【GC 2017】『モンスターハンター:ワールド』ドイツ最速ハンズオン

    【GC 2017】『モンスターハンター:ワールド』ドイツ最速ハンズオン

  3. 『モンスターハンター:ワールド』新フィールド「大蟻塚の荒地」を含むスクリーンショットを一挙公開!

    『モンスターハンター:ワールド』新フィールド「大蟻塚の荒地」を含むスクリーンショットを一挙公開!

  4. 【レポート】『メタルギア サヴァイブ』新ステージを一足早く体験!歯ごたえあるゲームプレイに期待膨らむ

  5. 『ドラゴンボール ファイターズ』PV第2弾が到着、クリリン、ピッコロ、18号、16号が新たに参戦!

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?結果発表─「ドラクエ」ファンはどちらを選んだのか…?

  8. 【特集】夏休みの宿題にぴったり!?『ドラクエXI』モンスター観察えにっき

  9. 【プレイレポ】『エルシャダイ』を知らなくても楽しめるの? 『ザ・ロストチャイルド』は伝奇好きに訴える“歯応えあり”な3DダンジョンRPG

  10. 『エースコンバット7』gamescom出展映像を公開! 息を飲む空戦シーンや物語の一端なども収録

アクセスランキングをもっと見る