人生にゲームをプラスするメディア

【今週のグッドレビュー】 スぺランカー、夢幻の砂時計など(7月9日)

ゲームビジネス その他

ユーザーレビューに投稿されたレビューの中から「good!」と思ったものをピックアップしていきます。今週は5件を紹介。是非とも皆さんの熱いレビューをお待ちしております。良いゲームはどんどん広めていきましょう!

先週投稿されたものからピックアップ

桜咲鬼さん『スペランカー』(FC)

ちょっとの高さから落ちて死亡するというゲームは、後にも先にもこの作品だけでしょう。スタート直後死亡。幽霊に襲われて死亡。コウモリのフンに当たって死亡。何をやってもとにかく死亡。死亡した時の「ちゃんちゃ、ちゃんちゃ、ちゃんちゃ、ちゃんちゃ、ちゃんちゃんちゃん。」の音楽ももう400回は聴いたはずです。しかし、自然とまた挑戦したくなる。こういう「いいクソゲー」なのですよ、このゲームは。そんな「いいクソゲー」ぶりがうけたのか、一昨年マリオと同じく20周年を向かえたにもかかわらず、今でもスペランカーはネットを中心に愛され続けています。とある学校では、ちょっとの段差でこけた生徒に「スペランカー」というあだ名が、つけられたほどです。そして、私はバーチャルコンソールでスペランカーが配信されるのを本気で夢見ているのであります。いろんな意味でゲームの歴史に名を刻んだこのクソゲーに乾杯。
http://www.inside-games.jp/review/view.php?id=11931



HAYATEさん『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』(NDS)

素晴らしい出来です。タッチペンでの操作は非常に快適でした。メモを取れるようになったことで今までとは違う謎解きも登場しています。2画面を使った演出も良く、DSの機能を100%生かしきっていると言っても過言ではないと思います。携帯機とは思えないぐらいグラフィックも綺麗です。海でカメラを動かすことが出来る点も◎。初代から続く名作揃いのゼルダの歴史に新たな1ページを刻んだ傑作です。感動しました。
http://www.inside-games.jp/review/view.php?id=10821



過去レビューからピックアップ

えぞまりもさん『プロジェクトハッカー 覚醒』(NDS)

アドベンチャー、特に推理物が好きな者です。インターネットで情報を収集したり、メールで仲間と連絡を取って謎(主にパスワード)を解いていくという今までにない捜査の進め方の楽しさと、その機能を生かしきれていない物足りなさが相殺されて「無難」という印象になりました。例えば、インターネットで情報を収集するのは「自分で捜査している」感が今まで以上に有るのだけれども、ページがほとんど更新されないなどホームページを見ている感じが無い。メールはほとんど使用しなくても話が進められるので無いようなもの、と言ったところです。ミニゲームは条件反射を使うものが主なので得手不得手が別れるかもしれませんが、慣れれば何とかなるレベルだと思います。謎解き・パスワード探しは他作品に比べ解きやすく、ストーリーは探偵・刑事物のドラマやゲームをそれなりにやった事のある人、勘のいい人はすぐに先が見えるでしょう。ただその分安心してみていられます。結果、つまらなくはないけれど、何回も遊べる作品でもない、無難な作品といった感じです。            アドベンチャー好きの方で、「欲しいゲームは出ないけれど、なんか持っていないゲームやってみたいなぁ」と、余裕のあるときにお勧めできます。
http://www.inside-games.jp/review/view.php?id=12353



名も無き風さん『ファイアーエムブレム 暁の女神』(Wii)

まず音楽の良さ、素晴らしいものが多かったです 音楽だけに関して言えば悪いものは見当たらなかったです次にグラフィック まぁWiiなのでPS2並なのですが、戦闘シーンの見せ方が良かったですね 例を挙げるなら飛行ユニットVS飛行ユニットのシーン(ていうかこれしかないんですがw)ユニットに関してもべオク全員が「育てればきちんと強くなる」ものであって、好きなキャラを使っていけるようになっています ボリュームに関してもキャラ数が多く、2週目以降に起こるイベントもあるのでかなりあるといえますストーリーに関しても自分が育てたキャラが相打つところは素直に燃えましたただストーリーは4部以降無理やりっぽさが残るのが残念です(まぁラストは良かったんですが) またべオクは全員育てれば強くなるのですが、王族以外のラグズは化身時に敵を倒しても経験値が溜まりづらく育てにくい上に非化身時は能力半減であるため、完全なる足手まといになるのが難点また奥義が強すぎるのも問題 ある一つを除き発動=即死なものであるので、ある重要な一戦が冷めたものになりました リセットコマンドがないのも少々快適さに欠けました全体的にはいいものではあったのですがそれゆえ細かい点が気になる といった感じでした
http://www.inside-games.jp/review/view.php?id=12488



ぱなそにっくさん『探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件』(NDS)

ネット評価が高く、値段も中古で安かったから買ったんですが大変素晴らしかったです。今まで遊んだゲームの中で一番良かったかも知れません。感情移入しすぎて終わった後、数日ボーッとしてたりしました。グラフィックはまあ・・・私は好きなんですが、意見分かれると思います。サウンドはめちゃくちゃ良かった。何がいいって焦るとこは焦らしてくれるし、びびると頃はびびらせてくれます。素晴らしかったです。さっきから褒めてばっかだな。・・・で、やっぱりストーリーが最高でしたね。後キャラクターたちが。詳しく語れないんですが、伏線の使い方がうまかったです。ネット評価を見ると素晴らしかったという意見と最後のオチが悪かったという意見に2分されてました。推理系のゲームはそんな語ったらつまらないのであんま言えませんが、このゲームは、オチが一番素晴らしかったと思います。やったらわかるんで、早い話買えってことです。もっと売れて欲しいんで。あと、もっと癸生川の出番が欲しかったです。
http://www.inside-games.jp/review/view.php?id=11221

《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

    鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. フルGC映画「biohazard DEGENERATIONS」が2週間限定で先行公開!

  6. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  7. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  8. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  9. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  10. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

アクセスランキングをもっと見る