人生にゲームをプラスするメディア

シヴィライゼーション最新作が次世代機と携帯ゲーム機で

テイク・ツー・インタラクティブは「2K」レーベルで、シド・マイヤー氏の手がけるシミュレーションゲームの名作「Civilization」(シヴィライゼーション)の最新作『Civilization Revolution』を次世代ゲーム機及び携帯ゲーム機で発売すると発表しました。開発は2KのFiraxis Gamesで行われています。

ゲームビジネス その他
テイク・ツー・インタラクティブは「2K」レーベルで、シド・マイヤー氏の手がけるシミュレーションゲームの名作「Civilization」(シヴィライゼーション)の最新作『Civilization Revolution』を次世代ゲーム機及び携帯ゲーム機で発売すると発表しました。開発は2KのFiraxis Gamesで行われています。

「『Civilization Revolution』は私がずっと作りたいと思ってたゲームです! 私たちは次世代ゲーム機のパワーや携帯ゲーム機の仕掛けを、最高で他には無いストラテジーゲームを制作し、新たなファン、そして数百万人のPCファンに届けられることにとても興奮しています」とシド・マイヤー氏はコメントしています。

「Civilization」でプレイヤーは世界の支配者として、文明の夜明けから宇宙時代まで生みだし、リードしていきます。戦争の応酬、外交の発展、技術の発見、偉大なリーダーを生み出し、そして世界で最も強力な帝国を作り上げます。最新作ではビジュアルが強化されただけでなく、リアルタイムにアドバイザーとリーダーが対話する仕組みやビデオやボイスチャットを組み込まれ拡張されたマルチプレイヤーが特徴になるそうです。

発売は2008年春だということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  2. ゲーム機の通信機能の特許、総合力ランキングトップ3は「任天堂」「バンダイナムコ」「コナミ」

    ゲーム機の通信機能の特許、総合力ランキングトップ3は「任天堂」「バンダイナムコ」「コナミ」

  3. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  5. 【GDC2011】伝説の開発者が語る『ピットフォール!』誕生秘話

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 「ディライトワークス肉会Vol.8」2019年1月11日に開催…塩川洋介氏が在籍するスタジオのキャリア相談会を実施

  8. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  9. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  10. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

アクセスランキングをもっと見る