人生にゲームをプラスするメディア

ジニアス・ソノリティ、「Touch!Generations」タイトルなど複数の大型タイトル開発中

ゲームビジネス その他

ドラクエのプログラマーとして知られる山名学氏と任天堂そしてポケモンが共同出資で設立された開発会社ジニアス・ソノリティがリクナビNEXTにて、求人をかけています。それによれば、同社では任天堂の「Touch!Generations」タイトルやDSのカジュアルなタイトル、Wiiのタイトルなど複数の大型タイトルが控えているそうです。

現在募集されているのはゲームプログラマー、ゲームプランナー、グラフィックデザイナーの3職種で、いずれも契約社員(正社員登用有)となっています。

オリジナルを含む複数タイトルの制作にあたり、大規模な増員へ。実はいま、ポケモンやドラクエ以外のプロジェクトも複数始まろうとしています。その中のひとつは、業界大手から発売されるオリジナルタイトル。詳細については、社外秘ゆえにここではお話できないのが残念ですが…。どのプロジェクトも規模が大きく、やりがいのあるものであることは確か。早急に即戦力となって活躍してもらえるプログラマーを求めています。

とのことです。Wiiでは『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』と『ポケモンバトルレボリューション』、ゲームキューブでも『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』などを手掛けてきた会社です。

公式サイトでも「さあフェイズ2を始めましょう。」という言葉が掲載されています。次なる作品はどのようなものになるのか、注目されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事