人生にゲームをプラスするメディア

ハリウッドとゲーム産業の力を結集、4億ドルでBrash Entertainmentが設立

Brash Entertainmentは映画、テレビ、音楽など各方面のトッププロパティをベースとした高品質のゲームを制作する事を目的とした新たなゲーム会社が立ちあがったと発表しました。ABRY Partners LLCを始めとする複数の投資ファンドから合計4億ドルの資金を集めてスタートします。主な投資企業はNew York Life Capital Partners III、Northwestern Mutual Life Insurance、PPM America Private Equity Fund IIなどです。

ゲームビジネス その他
Brash Entertainmentは映画、テレビ、音楽など各方面のトッププロパティをベースとした高品質のゲームを制作する事を目的とした新たなゲーム会社が立ちあがったと発表しました。ABRY Partners LLCを始めとする複数の投資ファンドから合計4億ドルの資金を集めてスタートします。主な投資企業はNew York Life Capital Partners III、Northwestern Mutual Life Insurance、PPM America Private Equity Fund IIなどです。

Brashの使命は素晴らしい映像にゲームとしての命を吹き込むことです。Brashのビジネスモデルは各プロジェクトに応じて適切な開発スタジオやトップクリエイターと組み制作に当たるというものだそうです。それらのコラボレーションは社内のベテランプロデューサーが指揮します。

Brashではパートナーを組む5つの映像スタジオから40のライセンスを取得していて、12タイトルが開発中だそうです。

「Brashはトップのハリウッドのクリエイティビティと、トップのゲーム開発者が組み合わされば偉大なゲームが出来ない筈がない、という思いで設立されました。私たちは明確に高品質なゲームを提供することを目的とし、各分野のエキスパートと共にあることでそれを実現できると考えています」と共同創業者・会長兼CEOのMitch Davis氏はコメントしています。

ハリウッドの巨人、ワーナーブロスがこの会社の製品の流通を担当することになります。ワーナーはかねてからゲーム産業に参入することに意欲を見せていました。

「私たちはBrashと共にゲームという空間で大きな領域を目指して成長していくことにとても興奮しています。私たちは私たちの世界的な流通システムとBrashの戦略は完璧にマッチするものだと確信しています」とワーナーブロスの家庭用エンターテイメント部門のKevin Tsujihara社長は述べています。

さて、今後どんな展開を見せるのでしょうか。「トップのハリウッドのクリエイティビティと、トップのゲーム開発者が組み合わさ」っても中々上手くいかないのがこの世界の面白い部分で、これまでの通例であったわけですが。楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  2. 「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

    「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

  3. 【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

    【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

  4. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  7. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  8. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  9. ガンホー、平成26年12月期 第1四半期決算を発表 ― PCオンライン事業利益は4300万円で、『RO』の名は挙げられず

  10. 「ゲーム好きが作る、ゲーム好きのためのゲーム雑誌」 Ni[エヌアイ]が冬コミで頒布決定

アクセスランキングをもっと見る