人生にゲームをプラスするメディア

ハリウッドとゲーム産業の力を結集、4億ドルでBrash Entertainmentが設立

ゲームビジネス その他

Brash Entertainmentは映画、テレビ、音楽など各方面のトッププロパティをベースとした高品質のゲームを制作する事を目的とした新たなゲーム会社が立ちあがったと発表しました。ABRY Partners LLCを始めとする複数の投資ファンドから合計4億ドルの資金を集めてスタートします。主な投資企業はNew York Life Capital Partners III、Northwestern Mutual Life Insurance、PPM America Private Equity Fund IIなどです。

Brashの使命は素晴らしい映像にゲームとしての命を吹き込むことです。Brashのビジネスモデルは各プロジェクトに応じて適切な開発スタジオやトップクリエイターと組み制作に当たるというものだそうです。それらのコラボレーションは社内のベテランプロデューサーが指揮します。

Brashではパートナーを組む5つの映像スタジオから40のライセンスを取得していて、12タイトルが開発中だそうです。

「Brashはトップのハリウッドのクリエイティビティと、トップのゲーム開発者が組み合わされば偉大なゲームが出来ない筈がない、という思いで設立されました。私たちは明確に高品質なゲームを提供することを目的とし、各分野のエキスパートと共にあることでそれを実現できると考えています」と共同創業者・会長兼CEOのMitch Davis氏はコメントしています。

ハリウッドの巨人、ワーナーブロスがこの会社の製品の流通を担当することになります。ワーナーはかねてからゲーム産業に参入することに意欲を見せていました。

「私たちはBrashと共にゲームという空間で大きな領域を目指して成長していくことにとても興奮しています。私たちは私たちの世界的な流通システムとBrashの戦略は完璧にマッチするものだと確信しています」とワーナーブロスの家庭用エンターテイメント部門のKevin Tsujihara社長は述べています。

さて、今後どんな展開を見せるのでしょうか。「トップのハリウッドのクリエイティビティと、トップのゲーム開発者が組み合わさ」っても中々上手くいかないのがこの世界の面白い部分で、これまでの通例であったわけですが。楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ヒューマンアカデミー、クリエイティブ業界に特化した合同説明会を札幌で開催─求職者と企業を直接結ぶ

    ヒューマンアカデミー、クリエイティブ業界に特化した合同説明会を札幌で開催─求職者と企業を直接結ぶ

  2. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  3. 『ドルアーガの塔』ファンイベントに声優・KENNさんと折笠富美子さんが登場

    『ドルアーガの塔』ファンイベントに声優・KENNさんと折笠富美子さんが登場

  4. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  5. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  6. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  7. コナミ代表取締役会長上月氏、ヴィクトリア女王記念褒章を受章

  8. 【CEDEC 2011】ポケモン田尻氏、石原氏が特別賞~開発者が選ぶCEDEC AWARD 2011

  9. ゲーム機泥棒を捕まえる、次世代ゲーム機の決め手とは?

  10. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

アクセスランキングをもっと見る