人生にゲームをプラスするメディア

EA、レースゲーム最新作『ニード・フォー・スピード プロストリート』を発表

既に予告されていましたが、エレクトロニック・アーツは『ニード・フォー・スピード』の最新作である「プロストリート」をこの秋に米国で発売すると発表しました。開発元はカナダ・バンクーバーにあるEA Black Boxで、国内での発売は明らかにされていませんが、これまでのシリーズを考えれば期待できると思います。

ゲームビジネス その他
既に予告されていましたが、エレクトロニック・アーツは『ニード・フォー・スピード』の最新作である「プロストリート」をこの秋に米国で発売すると発表しました。開発元はカナダ・バンクーバーにあるEA Black Boxで、国内での発売は明らかにされていませんが、これまでのシリーズを考えれば期待できると思います。

「『Need for Speed ProStreet』は究極のストリートレーシングを提供する事でこのカルチャーを加速させていきます。このゲームは究極の性能を持つバトルマシンを組上げる物語です。世界を舞台に訓練を積み、スキルを磨き、最も名のあるストリートレーサーと戦います」とエグゼクティブプロデューサーのLarry LaPierre氏は述べています。

最新作は写真レベルにまでグラフィックが磨かれ、凹みもかすり傷もフロントの歪みまで再現、プレイヤーが潜り抜けてきた戦いの数々を真に記録するものとなります。また「Autosculpt」テクノロジーを採用し、初めてプレイヤーが車の性能にインパクトを与えられるようになりました。外観のカスタマイズもより深化を遂げています。強化されたAIやオンラインプレイで最新作はより強いアドレナリンをプレイヤーに与えるレースゲームとなっています。

『Need for Speed ProStreet』はWii、プレイステーション3、Xbox360、プレイステーション2、ニンテンドーDS、PSP、PC、モバイルで発売予定となっています。また国内発売など詳細が明らかになりましたらお伝えします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. アイレム、秘密結社ブラックアイレム団に占拠される

    アイレム、秘密結社ブラックアイレム団に占拠される

  4. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  5. BBCで放映された任天堂ドキュメンタリー詳細+画像

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  8. トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

  9. 【プレイレビュー】シングルプレイ同様の完成度!『ファークライ 3』対戦型マルチプレイモード

  10. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

アクセスランキングをもっと見る