人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5、モーションコントロールに興味―「任天堂は1万マイル先に」

任天堂 Wii

ドイツのデベロッパーで、ゲームキューブの初期に発売され大ヒットとなった『スターウォーズ ローグスコードロンII』などを開発したファクター5のJulian Eggebrecht社長は、The Mercury Newsのa+e INTERACTIVEとのインタビューで、モーションコントロールに興味があるとして持論を述べています。

Julian Eggebrecht社長はモーションコントロールこそ「次の進歩」であり、「私にとって興味は振動ではなく、モーションコントロールです。ブルーレイで多くのディスク容量を得て、CELLで強力なCPUパワーを得て、RSXで強力なピクセルシェーダーを得ました。しかしコントローラーでは何が変わったでしょうか?」とPS3についてコメントしました。

「そこが私がXbox360について残念に思う部分です。もちろんそれはかなり上手く設計されました。でもコントローラーに関しては何も変わりませんでした。ソニーと任天堂はちょっと先に進み、特に任天堂は1万マイルも先に行きました」

ファクター5が開発中のPS3向け『Lair』での経験で、Eggebrecht氏は「Sixaxisをサポートするゲームの歴史を見れば・・・それほど熱心になる必要は無いということです。結局、ユーザーは混乱するだけです。モーションコントロールを使う場合、限度を見極めなければなりません。そして上手い調和点を見つけ、そして1つのツールとしてモーションコントロールを活用するべきでしょう」としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る