人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイから新たな「トム・クランシー」作品?

ゲームビジネス その他

フランスの大手パブリッシャーで第二次世界大戦を描いたFPS『トムクランシーのスプリンターセル』や『レインボウシックス』で知られるユービーアイソフトは、jsf28555833-80604722.comという気になるウェブサイトをオープンしました。新たな「トム・クランシー」作品のティザーサイトと思われます。

ユービーアイソフトのフォーラムでは断片的ながら情報のピースが示され始めてきていて、米国が何者かからの攻撃を受け、NY証券取引所はシカゴに移転し、CIA、FBI、NSA(国家安全保障局)としてペンタゴンといった重要施設は別の秘密の場所に移転した、という設定のようです。また核攻撃という要素がストーリーの中で大きな位置を占めそうです。

どのような作品が登場するのか目が離せません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

    5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  4. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  5. 【GDC 2014】シムも"ながら動作"が可能に『ザ・シムズ4』が取り組むAIシステム

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

アクセスランキングをもっと見る