人生にゲームをプラスするメディア

EAが「ロード・オブ・ザ・リング」の権利を2008年まで延長

米ゲーム最大手のエレクトロニック・アーツ(Electronic Arts)は、J.R.R.トールキンの生み出した不朽の名作「ロード・オブ・ザ・リング」をゲーム化する権利を、版元のニュー・ライン・シネマとの間で2008年まで更新したと発表しました。EAでは2001年から映画に基づくゲームを開発してきました。

ゲームビジネス その他
米ゲーム最大手のエレクトロニック・アーツ(Electronic Arts)は、J.R.R.トールキンの生み出した不朽の名作「ロード・オブ・ザ・リング」をゲーム化する権利を、版元のニュー・ライン・シネマとの間で2008年まで更新したと発表しました。EAでは2001年から映画に基づくゲームを開発してきました。

ニュー・ライン・シネマはこれまで映画3部作で30億ドル以上の利益を上げてきていて、EAでも2008年に新たなゲームを発売することで、もっと広いLOTRの世界観を味わって貰いたい考えです。

「ロード・オブ・ザ・リングは物語性の強いゲームを作るための最高のキャンパスです。私たちはニュー・ライン・シネマやトールキン・エンタープライズと共に次のプロジェクトを2008年に実現させることをとても楽しみにしています」とEAのFrank Gibeau上級副社長ゼネラルマネージャーはコメントしています。

次回作の詳細は不明ですが、ニュー・ライン・シネマ等と協力することによって新たなLOTRもファンでも十分に楽しめ、かつゲームとして完成された作品が出てくるのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

    【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  2. 『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

    『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

  3. 【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

    【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

  4. コーエーテクモ組織変更、「シブサワ・コウ」「ω-Force」「TeamNINJA」「ガスト」「ルビーパーティー」の5ブランド設置へ

  5. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 【プレイレビュー】シリーズ最大級のサバイバル!『ファークライ 3』日本語版プレビュー&ゲームプレイ動画

  8. 2020年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 『Homefront』北米での初日販売数は約37万5,000本

  10. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

アクセスランキングをもっと見る