人生にゲームをプラスするメディア

近藤浩治氏がVideo Games Liveでマリオのテーマを披露

任天堂のゲーム音楽の生みの親、任天堂 サウンド統括グループ マネージャーを務める近藤浩治氏がゲームデベロッパーズカンファレンス2007で初めて講演を行いました。その様子は別に紹介することとして、近藤氏はGDCに合わせて開催されたVideo Games Liveのスペシャルコンサートでピアノを披露したそうです。

ゲームビジネス その他
任天堂のゲーム音楽の生みの親、任天堂 サウンド統括グループ マネージャーを務める近藤浩治氏がゲームデベロッパーズカンファレンス2007で初めて講演を行いました。その様子は別に紹介することとして、近藤氏はGDCに合わせて開催されたVideo Games Liveのスペシャルコンサートでピアノを披露したそうです。

その様子の映像は無いのですが、直前に行われたリハーサルでマリオのテーマを演奏している様子が1UP.COM/GameVideos.comにて公開されています。珍しい映像だと思います。

また近藤氏はビデオゲームの音楽を作る人たちで作る非営利団体「ゲームオーディオネットワークギルド」(The Game Audio Network Guild)の第5回アワードで生涯功労賞を受賞したそうです。「近藤氏のマリオのテーマは最も記憶されているゲーム音楽です。私達はこのような本当の伝説で業界を代表する人物に生涯功労賞を贈ることを光栄に思います」とCEOのTommy Tallarico氏はコメントしています。

《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  3. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

    女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  4. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  5. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  6. 【週間売上ランキング】今度はWiiでドコドン♪『太鼓の達人Wii』が1位(12月8日〜14日)

  7. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  8. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  9. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

  10. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

アクセスランキングをもっと見る