人生にゲームをプラスするメディア

EAが新しいCEOに前COO・ジョン・リッキティエロ氏を起用すると発表

世界最大のゲームパブリッシャーである、米エレクトロニック・アーツはラリー・プロブスト氏に代わる新CEOに前社長兼COOのジョン・リッキティエロを起用する人事を発表しました。リッキティエロ氏は最近までベンチャーファンドのエレベーション・パートナーズの代表取締役やEAの取締役会に席を置いていました。プロブスト氏は会長となります。

ゲームビジネス その他
世界最大のゲームパブリッシャーである、米エレクトロニック・アーツはラリー・プロブスト氏に代わる新CEOに前社長兼COOのジョン・リッキティエロを起用する人事を発表しました。リッキティエロ氏は最近までベンチャーファンドのエレベーション・パートナーズの代表取締役やEAの取締役会に席を置いていました。プロブスト氏は会長となります。

この人事は一般に驚きを持って向かえられたようですがプロブスト氏はマーキュリーニュースに対して「業界や会社は次の成長フェーズに向かう段階にあります。キーを次に渡すには最適の時間です」と今回の決定について述べています。

リッキティエロ氏はEAが利益の面でピークを記録していた2004年にEAを離れ、投資ファンドでゲーム業界部門を指揮してきました。EAは世界最大のパブリッシャーですが、それ以降業績は下降気味で、一時期の勢いは無いと言われています。これは業界全体の問題でもありますが、次世代機向けゲームの開発費の高騰もあり、何らかの打開策を各社必要としています。

元役員の一人は「EAでさえも大きな過ちを繰り替えす余裕はありません」と述べています。また「彼(リッキティエロ氏)が去ってからEAは少しずさんになりました。彼が戻ってくるのはEAにとってポジティブな動きです」としています。

CEOの打診があったのは僅か10日前だったそうです。リッキティエロ氏は2004年にU2のボノと共にエレベーション・パートナーを設立し、ゲーム業界内ではPandemic StudiosとBiowareの経営統合などを主導してきました。リッキティエロ氏自身、今の仕事には満足していたようですがEAを経営できる機会は他に代えがたかったようです。「私はずっとEAが大好きでした。私にとって夢の仕事です」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

    技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

  4. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  7. 【CEDEC 2010】ポケモン石原恒和とドラクエ市村龍太郎が語る「人を楽しませるプロデュース」

  8. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  9. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  10. 無料ゲームは主婦層がプレイ―ニフティとスクウェア・エニックスが調査結果を発表

アクセスランキングをもっと見る