人生にゲームをプラスするメディア

『NO MORE HEROES』須田氏インタビュー/IGN

グラスホッパー・マニファクチュアとスパイクそしてマーベラスインタラクティブが共同で開発を進めているWii向け『NO MORE HEROES』に関するインタビューがIGNに掲載されていて、グラスホッパーのSuda51こと須田剛一氏が答えています。その中では初めて明らかになる内容も多く含まれています。

任天堂 Wii
グラスホッパー・マニファクチュアとスパイクそしてマーベラスインタラクティブが共同で開発を進めているWii向け『NO MORE HEROES』に関するインタビューがIGNに掲載されていて、グラスホッパーのSuda51こと須田剛一氏が答えています。その中では初めて明らかになる内容も多く含まれています。

まず主人公のトラビスは須田氏の想像から生まれたキャラで、映画俳優のジョニー・ノックスヴィルを、日本のアニメマニアにして、更に武術に興味を持たせたようなキャラを考えたそうです。またスターウォーズ好きでもあり、偶然インターネットオークションでライトセイバーを手に入れ、それを使って殺し屋家業を始める、このようにしてトラビスは生まれ、そこから『NO MORE HEROES』が誕生したようです。

『NO MORE HEROES』はアメリカ西海岸のサンタという仮想の街を舞台に自由に行動ができるフリーローミングスタイルのアクションゲームとなるそうです。殺人者としてランクのアップを目指すストーリーミッションやお金を稼ぐためのサブミッションを街の中で繰り広げていくことになります。プレイヤーは余りWiiリモコンを使わず、攻撃もAで行っていくそうで、モーションは最後のトドメなどで使われることになるようです。

ゲームがバイオレントな内容になるかについては「『NO MORE HEROES』はバイオレントなゲームですが、『キラー7』とは異なって、かなりスタンダードなゲームです。これが良い説明になるか分かりませんが、トラビスはとても貧乏で、普通のミッションに加えて、特別なミッションで、金を稼ぐ為に、ゴミ拾い、退屈なスタンプ押しのバイト、ちょっと不可解な人間ボウリングなんかを引き受けることもあります」としています。

Wiiハードでの開発については「最良なのは今までのゲームデザインのノウハウを全て忘れることだと思います。私は開発者がWiiによって全く新しいゲームやスタイルを生み出すことができると思います。私はベストを尽くしてスタンダードなバイオレンスゲームを作るつもりです」としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  5. マリオになれるマスクやまさにそのまま「ヨッシーのクッキー」─会場で販売する限定品や先行品をいち早く披露

  6. 『フォートナイト』浮遊を始めた小島たちが雷光と共に浮島へ収束ー今度は何が起こるのか

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

アクセスランキングをもっと見る