人生にゲームをプラスするメディア

パオンがパブリッシャー事業に参入―『大都技研パチスロDS』

これまで『ぶらぶらドンキー』や『大都技研公式パチスロシミュレーター』などの開発を行ってきたパオンは、任天堂及びSCEIとライセンス契約を結び、今後はパブリッシャー兼ディベロッパーとしてゲームの企画から開発・販売まで一貫して行っていくと発表しました。第一弾にはニンテンドーDS向け『大都技研公式パチスロシミュレーター 秘宝伝・押忍!番長・吉宗 DS』を予定しているとのことです。

任天堂 DS
これまで『ぶらぶらドンキー』や『大都技研公式パチスロシミュレーター』などの開発を行ってきたパオンは、任天堂及びSCEIとライセンス契約を結び、今後はパブリッシャー兼ディベロッパーとしてゲームの企画から開発・販売まで一貫して行っていくと発表しました。第一弾にはニンテンドーDS向け『大都技研公式パチスロシミュレーター 秘宝伝・押忍!番長・吉宗 DS』を予定しているとのことです。

4月26日に発売する第一作目『大都技研公式パチスロシミュレーター 秘宝伝・押忍!番長・吉宗 DS』は、現在パチスロ市場でNo.1のシェアを誇る株式会社大都技研の人気パチスロ機(秘宝伝・押忍!番長・吉宗)3機種を収録しています。本シリーズはパオンがずっと手がけ、シリーズ累計135万本を出荷した人気シリーズです。



今回は大都技研との業務提携で、企画・開発のみでなく、販売まで担当することになったということです。今後はデベロッパーとして培ったノウハウを生かし、パチスロシミュレーター以外のオリジナルゲームソフトの開発も行っていくということです。期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  2. 『あつまれ どうぶつの森』ゆめみの「おまかせ」で人の日常生活を覗き見! 『鬼滅』の流行が島にも来ている!?

    『あつまれ どうぶつの森』ゆめみの「おまかせ」で人の日常生活を覗き見! 『鬼滅』の流行が島にも来ている!?

  3. 木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  4. 『あつまれ どうぶつの森』本日26日夜12時まで「サンクスギビングデー」が開催中!料理人「フランクリン」に食材を届けよう

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. 『あつまれ どうぶつの森』9つの新リアクションはもう試した?「たいそう」したり「ヨガ」したり…住人との絆もますます深まる

  8. 『あつまれ どうぶつの森』公式の「Ninten島」は“あえて地味に見せかける技術”がすごい! 夢を使って訪問してみよう

  9. 「しずえ」「ゆきみ」などがフロッキードールに!「あつまれ どうぶつの森 ともだちどーる」2021年4月から販売開始

  10. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

アクセスランキングをもっと見る