人生にゲームをプラスするメディア

2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

「ファミ通」を出版するエンターブレインが10日発表した2006年のゲームソフトとゲーム機本体を合わせた国内家庭用ゲーム市場規模は、ニンテンドーDSの大ヒットを受けて売上高が前年比37.6%増の6258億円と、1997年に記録したピーク5332億円を大幅に塗り替え過去最高を更新したそうです。

ゲームビジネス その他
「ファミ通」を出版するエンターブレインが10日発表した2006年のゲームソフトとゲーム機本体を合わせた国内家庭用ゲーム市場規模は、ニンテンドーDSの大ヒットを受けて売上高が前年比37.6%増の6258億円と、1997年に記録したピーク5332億円を大幅に塗り替え過去最高を更新したそうです。

2006年はニンテンドーDSが引き続き好調で、『Newスーパーマリオブラザーズ』や『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』など300万本を超えるソフトが登場、任天堂からは『えいご漬け』や『テトリスDS』などが大ヒット、サードからも『FF III』や『ラブ&ベリー』が健闘しました。本体も年明けから年末商戦まで一度も供給が需要を上回る事がありませんでした。

据え置き型もWiiとPS3という2つの新機種が登場し、好調でした。

ソフト売上本数も昨年から2000万本以上を積み増して7500万本を超えたようです。

去年は以上なほどにソフトも本体も売れまくった一年でしたが、今年はどんな年になるんでしょうね?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 米国でのファミコン立ち上げ秘話 ― 冷え切った市場にゲーム機を売り込む秘策とは?

    米国でのファミコン立ち上げ秘話 ― 冷え切った市場にゲーム機を売り込む秘策とは?

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  5. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  6. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  7. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る