人生にゲームをプラスするメディア

2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

「ファミ通」を出版するエンターブレインが10日発表した2006年のゲームソフトとゲーム機本体を合わせた国内家庭用ゲーム市場規模は、ニンテンドーDSの大ヒットを受けて売上高が前年比37.6%増の6258億円と、1997年に記録したピーク5332億円を大幅に塗り替え過去最高を更新したそうです。

ゲームビジネス その他
「ファミ通」を出版するエンターブレインが10日発表した2006年のゲームソフトとゲーム機本体を合わせた国内家庭用ゲーム市場規模は、ニンテンドーDSの大ヒットを受けて売上高が前年比37.6%増の6258億円と、1997年に記録したピーク5332億円を大幅に塗り替え過去最高を更新したそうです。

2006年はニンテンドーDSが引き続き好調で、『Newスーパーマリオブラザーズ』や『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』など300万本を超えるソフトが登場、任天堂からは『えいご漬け』や『テトリスDS』などが大ヒット、サードからも『FF III』や『ラブ&ベリー』が健闘しました。本体も年明けから年末商戦まで一度も供給が需要を上回る事がありませんでした。

据え置き型もWiiとPS3という2つの新機種が登場し、好調でした。

ソフト売上本数も昨年から2000万本以上を積み増して7500万本を超えたようです。

去年は以上なほどにソフトも本体も売れまくった一年でしたが、今年はどんな年になるんでしょうね?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  2. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

    ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  3. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

    『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  6. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  7. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  8. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  9. 【BitSummit】ValveによるSteam基調講演、Steamと開発者の利益配分などリアルな質問も

  10. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

アクセスランキングをもっと見る