人生にゲームをプラスするメディア

『テーマパークDS』はEA日本スタジオが開発中

先日、エレクトロニック・アーツがニンテンドーDS向けに『テーマパークDS』を開発中であるとお伝えしましたが、このタイトルはEAジャパンスタジオが開発を担当しているそうです。同じくジャパンスタジオが開発している『シムシティDS』や、海外開発ながら日本テイストな『ぼくとシムのまち』など、最近のEAは日本市場を意識した作品が多いですね。

任天堂 DS
先日、エレクトロニック・アーツがニンテンドーDS向けに『テーマパークDS』を開発中であるとお伝えしましたが、このタイトルはEAジャパンスタジオが開発を担当しているそうです。同じくジャパンスタジオが開発している『シムシティDS』や、海外開発ながら日本テイストな『ぼくとシムのまち』など、最近のEAは日本市場を意識した作品が多いですね。

「テーマパーク」は人気の遊園地経営シミュレーションシリーズです。プレイヤーは総支配人となり、アトラクションの配置やお客さんの導線、各種ショップやチケットの値段設定から、エンターテイナーやエンジニアの雇用まで全てをコントロールしていき、毎日お客さんで溢れる大人気の遊園地を目指します。

「テーマパークはEAの長く続く人気フランチャイズの一つで、私達はこのシリーズを初めてニンテンドーDSに投入することに興奮しています。DSのインターフェイスの特徴を生かすことによって最新作は誰でも簡単に始めることができ遊園地作りを楽しめる作品になるでしょう。そしてそれは非常に深いゲームであり、初心者だけでなくシリーズのファンも満たす内容になるのは間違い有りません」とEAジャパンスタジオのゼネラルマネージャーで本作のエグゼグティブプロデューサーを務めるStan Chow氏は述べています。

「私達はEAの人気フランチャイズとEAジャパンスタジオのエキスパート達とニンテンドーDSというプラットフォームを組み合わせることで世界中のユーザーにアピールする全く新しいゲームを作れるという非常にユニークな立場にあります。テーマパークはジャパンスタジオ発で全世界で発売される最初のタイトルになります。私達はこの新しい形がゲーマーを満足させるのを楽しみにしています」とEAアジアパブリッシングのJon Niermann社長はコメントしています。

発売は2007年3月です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

    『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  8. 3DS『ポケモン』「特別なきのみ」を2019年1月8日から期間限定で配信─バトル環境にも変化が?

  9. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  10. 『スマブラSP』パッケージ版はなるべく早くのネット接続を―調整差分のDLが適用されるため

アクセスランキングをもっと見る