人生にゲームをプラスするメディア

【プレビュー】GT Pro Series(Wii)

任天堂 Wii

株式会社エム・ティー・オー(MTO)は、Wiiリモコンとステアリングコントローラーを使って楽しめる本格派レースゲーム『GT Pro Series』を2007年1月11日に発売します。

MTOが「Wiiで楽しめるレースゲーム」と「ハンドル型アタッチメント」をフランスのユービーアイソフトに企画提案し、実現することになったレースゲームで、既に米国と欧州ではロンチタイトルとなることが決定しています。ステアリングアタッチメントとこれまでにない臨場感で注目を集める『GT Pro Series』をMTOが逆輸入して販売することが決定しました。

ステアリングアタッチメントは中心部分にWiiリモコンを装着することで使用でき、まさにハンドルを握るかのようにマシンを操縦できるようになります。このアタッチメントはWiiリモコンを横にしてファミコンポジションで持つ他のレースゲームにも使用できそうです。操作は、オプションでWiiリモコンを使うか、十字キーを使ったものにするかどうか選択が可能だとのことです。

レースはトゥーンシェイドのアニメチックな映像で展開され、昼夜や晴天・雨天などの気候、時刻などを設定して走ることができます。登場する車は全て実名で、性能も実車を参考に作られています。

子供から大人まで大満足のゲームモードは以下の通り。

・Championship 難易度別に4つのクラスに分かれて多種多様なカップにチャレンジ。カップのカテゴリにはミゼットIIのワンメイクレースやオープンカーのみのものなど、30種類以上があります。

・QuickRace チャンピオンシップなどで使えるようになったコースで、自由に条件を設定して走れます。

・TimeAttack 同じく使用可能になったコースで、プレイヤー1台で走行してタイムを競うモードです。走行データが記録され、ライバルとして登場させるゴースト機能もあります。

・DriftCombo 規定コース(通常モードで登場するうちの3コース)を走り、走行周回内で何回ドリフトできるかを競うモードです。

・VSmode 2人から4人で同時対戦プレイができます。プレイヤー同士が上下2分割、もしくは4分割された画面で熱いバトルが楽しめます。

・ReplayTheater コースを走行したりリプレイ走行データを鑑賞することができます。

・CarTuning ガレージで、自分の走りに合わせてセッティングを施すことが出来ます。カラーリングだけでなく、取り付けたパーツによってはマシンの外観も変化します。

「Nintendo World 2006」でもステアリングアタッチメントを用いた体験ができるそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「あなたが欲しい“ミニ”はどれ?」─ファミコン、メガドラ、NEOGEO…復刻相次ぐ名ハード! 一番人気を調査【アンケート】

    「あなたが欲しい“ミニ”はどれ?」─ファミコン、メガドラ、NEOGEO…復刻相次ぐ名ハード! 一番人気を調査【アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

    『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾が今夏配信決定!新たなドリームフレンズのシルエットも公開

  6. 『オクトパストラベラー』「学者」「神官」の詳細を公開-推理や人助けで役立つコマンドも

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0でチェックしておきたいギアパワー9選

  8. 『スプラトゥーン2』フェス「ハローキティ vs シナモロール」インサイド読者はキング派が多め!【読者アンケート】

  9. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  10. 【特集】『ドラクエXI』が出る前に敢えて初代をプレイ─『I』だけの特徴って知ってる?

アクセスランキングをもっと見る