人生にゲームをプラスするメディア

業務用『マリオカート アーケードグランプリ』の続編が登場する?

ゲームビジネス その他

PlanetGameCubeによれば、アーケードで稼動している『マリオカート アーケードグランプリ』の続編が登場すると、バンダイナムコのフライヤーに記載されていたそうです。『マリオカート アーケードグランプリ』はナムコと任天堂の協力でGCをベースにした業務用基盤「トライフォース」で実現した作品で、ハンドルを使ったマリオカートが体験できます。

レポートによれば、新作では「たまごっち」シリーズのキャラが新たにドライバーとして参戦するそうです。前作では「パックマン」のキャラが登場しました。また「Mロゴ」を集めることで『マリオカートDS』のようなカートのカスタムが可能になるそうです。前作と同様に4列シートで対戦が可能になります。稼動時期は不明とのこと。

http://img103.imagevenue.com/img.php?image=92170_kart2_122_449lo.jpg
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 【CEDEC 2013】「良いゲームには、良いマーケティングを」グーグル定元氏が語る楽しい広告

  5. 元ゲームリパブリックの岡本吉起氏、モバイルゲームを開発中

  6. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  7. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  8. 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

  9. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る

1