人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、クローバースタジオを解散

ゲームビジネス その他

カプコンはPS2『大神』、GC『ビューティフルジョー2』などを手がけた開発子会社のクローバースタジオ株式会社を今期末で解散すると発表しました。解散後の人員はカプコン社内の開発スタジオに組み込まれるものと思われます。カプコンはこれに関連して特別損失として4億円を見込んでいます。

クローバースタジオはカプコン第4開発部でプロデューサーを務めていた稲葉敦志氏とそのスタッフを中心に立ち上げられた会社で、カプコンの中でも独創性の高いソフトの開発を行ってきました。今回の解散の理由は「グループ全体の選択と集中により、効率的な開発展開を図るた」とされています。

解散する子会社の概要
(1) 商号: クローバースタジオ株式会社
(2) 所在地: 大阪市中央区内平野町三丁目2番8号
(3) 代表者氏名: 辻本春弘
(4) 設立年月日: 平成16年7月1日
(5) 資本金: 90百万円
(6) 事業内容: 家庭用ゲームソフトの開発
(7) 主要株主: 株式会社カプコン 100%
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  5. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  6. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

アクセスランキングをもっと見る