人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が業績見通しを上方修正

ゲームビジネス その他

任天堂は引き続きニンテンドーDSのハード・ソフトの売上が好調なこと、為替レートが円安に振れているなどから今期業績が以前の予想を上回る見通しとなったと発表しました。また今回の業績予想の修正には、Wiiの発売日や価格が決定したことも考慮されているということです。

通期の連結業績予想は、売上高が前回7月予想の6400億円から7400億円に、経常利益は同1450億円から1700億円、純利益は830億円から1000億円となりました。想定レートは、1ドル=115円、1ユーロ=143円です。

任天堂は業績に連動した配当政策をとっていて、この結果、年間配当は400円になる見込みということも併せて発表しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ビデオゲームの父をディカプリオが演じる!ノーラン・ブッシュネルの「Atari」が映画化決定

    ビデオゲームの父をディカプリオが演じる!ノーラン・ブッシュネルの「Atari」が映画化決定

  2. 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始

    13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始

  3. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

    ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  4. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  5. VRゲームで初の死亡事故か―ロシアの通信社が男性の事故死を報道

  6. マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

  7. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  8. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【CES 2014】NVIDIAの最新GPU「Tegra K1」は次世代機を超えるパワー? Unreal Engine 4のデモも

  10. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

アクセスランキングをもっと見る