人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイはWiiに本気、7タイトルをロンチで発売

任天堂 Wii

ユービーアイソフトがWii向けに7タイトルを開発中だと昨日お伝えしましたが、同社が発表したところによれば、既に発表済みの『レッド・スティール』や『レイマン レイビング・ラビッツ』を含むこれら7タイトルは全てロンチタイトルになり、これに加えて「さらに多くのタイトルが開発中」だそうです。

フランスの大手パブリッシャーであるユービーアイソフトが今日発表したのは『Far Cry』・『Blazing Angels:Squadrons of WWII』・『Monster 4x4 World Circuit』・『Open Season』・完全新作のレースゲーム『GT Pro Series』の5タイトルで、全てがロンチタイトルになります。

「私たちはユービーアイソフトが新作と既に確立されたフランチャイズの両方でWiiを支援することを表明することに興奮しています。創造性、革新、純粋な面白さによってこれらの作品はWiiの新旧のゲーマーと全ての世代のユーザーを楽しませるという目標を具現化するものです」と任天堂オブアメリカのReggie Files-Aime社長兼COOは述べています。

「私たちはその可能性を初めから確信し、そのことによってWiiの発売から最高の利益を得る可能性があることをメディアもアナリストも同意しています。印象的なロンチラインナップによって、私たちは新しいゲーマーとハードコアゲーマーの両方から支持され得るユニークな立場に居ます」とユービーアイソフトノースアメリカのLaurent Detoc社長はコメントしています。

『Far Cry』はアリゾナのジャングルを舞台にした人気のFPS。WiiリモコンとFPSの強い親和性を生かした内容になりそうです。

『Blazing Angels: Squadrons of WWII』は第二次世界大戦のヨーロッパを舞台にしたフライトアクション。戦闘機に乗り込んで敵機を撃墜! Wiiリモコンによる簡単直感操作によるドッグファイトが楽しめそうです。

レースゲームの『GT Pro Series』はMTOが開発していて、日本以外の地域ではユービーアイソフトからの発売になるそうです。80種類のライセンス済みの車と、詳細なチューニングオプションが楽しめます。革命的なリモコンをフルに活用した操作も。

『Open Season』はソニー・ピクチャーズ・アニメーションのCG映画を基にしたものです。

『Monster 4x4 World Circuit』はオフロードカーに乗って悪路を駆け巡ります。Wiiリモコンをフルに生かす為に作り変えられたバージョンです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  3. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

    「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  4. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  5. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  6. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  7. 「ポケモンセンタートウホク」リニューアルオープン!幻のポケモン「ビクティニ」プレゼントや東北ならではのグッズも登場

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  10. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

アクセスランキングをもっと見る