人生にゲームをプラスするメディア

CESA「日本ゲーム大賞」の概要及び投票方法を発表

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は「日本ゲーム大賞2006」の「年間作品部門」・「フューチャー部門」・「インディーズ部門」についての概要及び投票方法について発表しました。

「年間作品部門」は2005年4月1日〜2006年3月311日に国内でリリースされた全作品が対象で、(1)大賞(2)優秀賞(3)グローバル賞[国内作品部門/海外作品部門](4)ベストセールス賞(*)特別賞を選出します。既に一般投票の受付が開始されていて(〜7月25日)、選考委員会による審査会を経て受賞作品が決定されます。

「フューチャー部門」は東京ゲームショウ2006に展示された未発売の全作品を対象とするもので、初日と二日目の来場者による一般投票及び審査会にて受賞作品が決まります。

「インディーズ部門」はプロ・アマ、法人・個人を問わず未製品化作品を対象としたものです。他のコンテスト等に応募された物でも応募が可能で、(1)大賞(2)優秀賞を選出します。こちらは応募作品の中から一次審査でノミネート作品を選出し、その後ノミネートの中から最終審査を行い受賞作品を決定します。

これらの受賞作品は東京ゲームショウのイベントステージにて発表されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

    『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

  2. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

    YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

  3. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. ニンテンドー3DSソフト開発のためのミドルウェア「BISHAMON for Nintendo 3DS」発表

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

  8. 任天堂が健康分野に進出 違和感のない必然の戦略

  9. 【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売

  10. 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

アクセスランキングをもっと見る