人生にゲームをプラスするメディア

CESA「日本ゲーム大賞」の概要及び投票方法を発表

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は「日本ゲーム大賞2006」の「年間作品部門」・「フューチャー部門」・「インディーズ部門」についての概要及び投票方法について発表しました。

「年間作品部門」は2005年4月1日〜2006年3月311日に国内でリリースされた全作品が対象で、(1)大賞(2)優秀賞(3)グローバル賞[国内作品部門/海外作品部門](4)ベストセールス賞(*)特別賞を選出します。既に一般投票の受付が開始されていて(〜7月25日)、選考委員会による審査会を経て受賞作品が決定されます。

「フューチャー部門」は東京ゲームショウ2006に展示された未発売の全作品を対象とするもので、初日と二日目の来場者による一般投票及び審査会にて受賞作品が決まります。

「インディーズ部門」はプロ・アマ、法人・個人を問わず未製品化作品を対象としたものです。他のコンテスト等に応募された物でも応募が可能で、(1)大賞(2)優秀賞を選出します。こちらは応募作品の中から一次審査でノミネート作品を選出し、その後ノミネートの中から最終審査を行い受賞作品を決定します。

これらの受賞作品は東京ゲームショウのイベントステージにて発表されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

    今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  2. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  5. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  6. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  9. 次世代の物量を乗り越える/『Agni's Philosophy』の最適化問題・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  10. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

アクセスランキングをもっと見る