人生にゲームをプラスするメディア

台湾にポケパークがオープン、開園日から大人気

任天堂 DS

愛地球博に併設されて大人気を集めたポケモンのテーマパーク「ポケパーク」が23日、台湾の台北市にオープンしました。9月24日まで3ヶ月間の期間限定で、来場者は日本からの訪問者も含めて100〜120万人を見込んでいます。今後も日本やアジア各国で展開する予定で、台湾会場はその試金石となります。

「ポケパーク」は台北市士林区の約4万平方メートルの敷地に設置され、昨年の愛地球博と同様のアトラクションに加えて「ゲームの中で進化して行くポケモンのコンセプトに合わせ、同イベントも開催ごとにアトラクションを増やす」(主催者)との方針から、台湾オリジナルの「水箭亀GO!」という施設が新たに加わっています。飲食スペースなどもあります。

2会場目が台湾となった理由について斉藤信和・ポケパーク事業エグゼクティブプロデューサー(株式会社ポケモン執行役員)は、、「日本国内、アジア各地から誘致オファーがあったが、ポケモンの人気を比較し決めた」と説明。「台湾はピカチュウの人気が高く、また日本との文化的距離が近い」としています。台湾では中国語に翻訳されたゲームはないものの、海外版が流通しているほか、テレビアニメも人気になっています。

施設の運営はポケパーク有限責任事業組合(神戸市中央区)。この事業体は株式会社ポケモンやイベント運営のiワークス社(神戸市)が運営しているそうです。

23日の開園では600人以上が列を作る人気で、「住民の日本への親近感が高い台北で成功実績をつくり、次の海外開園につなげたい」としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  3. 『スプラトゥーン2』の人気ギアが食玩に!ミニフィギュアで自由にコーデを楽しもう【特集】

    『スプラトゥーン2』の人気ギアが食玩に!ミニフィギュアで自由にコーデを楽しもう【特集】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  7. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る