人生にゲームをプラスするメディア

京都信用金庫、マリオの絵柄の生体認証ICキャッシュカードを秋から提供

京都信用金庫は指静脈のパターンで本人の認証を行う生体認証に対応したATMの展開を開始するとして、この秋からそれに対応するマリオの絵柄の入ったICキャッシュカードの取り扱いを始めることを明らかにしました。マリオとピーチの柄が入っているものです。さすが地元といった所でしょうか。

ゲームビジネス その他
京都信用金庫は指静脈のパターンで本人の認証を行う生体認証に対応したATMの展開を開始するとして、この秋からそれに対応するマリオの絵柄の入ったICキャッシュカードの取り扱いを始めることを明らかにしました。マリオとピーチの柄が入っているものです。さすが地元といった所でしょうか。

生体認証ICキャッシュカードとは従来のキャッシュカードに偽造や不正な読取りが困難なICチップを搭載したキャッシュカードで、一人ひとり異なる生体認証情報を登録し、手指静脈パターンと暗証番号でご本人を確認する「指静脈認証」が採用されています。従来の磁気ストライプも併用することで一般のATMでも使えるとのこと。

京都信用金庫の生体認証対応ATMにはマリオのマークが付くそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 日本におけるゲーム内広告の可能性を探る -BBAオンラインゲーム専門部会 第13回研究会

    日本におけるゲーム内広告の可能性を探る -BBAオンラインゲーム専門部会 第13回研究会

  4. ソニーが中古ゲームを排除する特許を取得・・・次世代機で採用か

  5. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  6. 【WHF'08Winter】 東京大会2日目に累計来場者数が500万人を突破

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. 12種類のアルセウスが登場「ポケモンカード」新拡張パック発売

  9. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  10. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

アクセスランキングをもっと見る