人生にゲームをプラスするメディア

HAL研究所ウェブサイトがクリオ賞のショートリストに選ばれる

『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『タッチ!カービィ』で知られるセカンドパーティデベロッパーのHAL研究所は、同社のウェブサイトが世界3大広告賞の一つである「クリオ賞(CLIO Award)」のインターネット部門において、ショートリスト(最終候補)に入選したそうです。

ゲームビジネス その他
『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『タッチ!カービィ』で知られるセカンドパーティデベロッパーのHAL研究所は、同社のウェブサイトが世界3大広告賞の一つである「クリオ賞(CLIO Award)」のインターネット部門において、ショートリスト(最終候補)に入選したそうです。

クリオ賞は、1957年にアメリカで設立された、「カンヌ国際広告賞」「The One show」と並んで、世界で最も権威のある国際広告賞です。テレビ、印刷、屋外広告、ラジオ、キャンペーン、革新的メディア、デザイン、インターネット、、学生作品の各分野で優秀な作品が表彰されています。審査は30ヶ国120名の専門家からなる審査チームによって行われます。今回は世界67ヶ国の広告代理店やプロダクションから、約19,000点の作品がエントリーされたそうです。

HAL研究所のウェブサイトは昨年11月にリニューアルされていて、同社のポリシーである「おどろき たのしさ あたたかさ」が込められた作りになっています。『タッチ!カービィ』制作のエピソードをつなぎ絵のように閲覧できる「PROCESS」など訪問者を楽しませてくれるコンテンツが多数用意されています。

■概要
リニューアル公開日:2005年11月24日
制作:株式会社ハル研究所/株式会社Qript

(thx youさん)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

    【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  3. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

    【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  4. 米国でのファミコン立ち上げ秘話 ― 冷え切った市場にゲーム機を売り込む秘策とは?

  5. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  6. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  7. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 【THE KING OF GAMES】ゼルダ25周年Tシャツを作った男・江南店長に訊く

  10. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

アクセスランキングをもっと見る