人生にゲームをプラスするメディア

英国任天堂がウィンザーに移転

ゲームビジネス その他

英国任天堂は現在スローにあるオフィスをウィンザーのより大きな拠点に移転することを発表しました。どの程度の拡大になるかは不明ですが、最近のDSの大躍進に加えて、年末にはWiiの発売も予定されていて、仕事が増える事を見込んでのものと思われます。

最近のゲームパブリッシャーの傾向としては、欧州のヘッドクウォーターを英国に置いていたエレクトロニック・アーツやテイク2などがスイスのジュネーブに移転しているそうです。といっても英国任天堂はある程度の独立性はあるものの、ドイツの任天堂オブヨーロッパのブランチという位置付けですからね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  3. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 時価総額3000億円、ソフトバンクが買収したスマホゲーム大手スーパーセルとは?

  10. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

アクセスランキングをもっと見る