人生にゲームをプラスするメディア

GBAの後継機は当分なし、Wiiのロンチタイトル数は2ケタ−岩田社長

ゲームビジネス その他

任天堂の岩田聡氏は、Reutersとのインタビューのなかで、GBAの後継機はしばらく発表しないとしました。そして任天堂の新ハード・Wiiでは、2桁のソフトを同時発売することを明らかにしています。

まず、GBAの後継機については以下のように語っています。
「いまDSが受けている支持を考慮して、GBAの次の世代になるものにわれわれのリソースをつぎ込むことについて、考え直しています」
「日本のゲーム市場は、今やDSを軸に展開しています。このシチュエーションに冷や水をかけるようなことは必要ないでしょう」

また、岩田氏はWiiのハードと同時に10以上のソフトを発売することを明らかにし、ロンチタイトルの数が2ケタになることがGCの二の舞にならないために必要だと語っています。
「64やGCのときのように、ロンチに数タイトルしか提供できないようでは、ユーザーのサポートを勝ち取ることはできないことをわかっています。2ケタにしたいと思っていますし、それは可能です」

そしてXBOXやPS3について、任天堂はそれらをライバルだとは考えていない、と語っています。
「私たちの目標は、次世代ゲーム機競争に勝つことではありません。ゲームマーケットを広げ、ゲーム人口を拡大することなのです。…… 私たちはソニーやマイクロソフトとだけではなく、潜在的な消費者の皆さんが持つ無関心とも戦っているのです」

「私たちは、ゲームをやらない人ややめてしまった人を呼び戻すことを、そして家庭の中のゲームをする人としない人の間にある壁を壊すことを、はっきりと目標だとしている唯一の会社です。もしその目標が達成されれば、私たちがナンバーワンになるよいチャンスです」
《OKOK》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

    【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  5. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  6. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  7. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  8. EAとアクティビジョン、『Call of Duty』を巡る4億ドルの訴訟がスタート

  9. 【レビュー】世界で活躍するプロゲーマーTypeNemuke氏に聞く、ディスプレイの重要性

  10. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

アクセスランキングをもっと見る