人生にゲームをプラスするメディア

GBAの後継機は当分なし、Wiiのロンチタイトル数は2ケタ−岩田社長

ゲームビジネス その他

任天堂の岩田聡氏は、Reutersとのインタビューのなかで、GBAの後継機はしばらく発表しないとしました。そして任天堂の新ハード・Wiiでは、2桁のソフトを同時発売することを明らかにしています。

まず、GBAの後継機については以下のように語っています。
「いまDSが受けている支持を考慮して、GBAの次の世代になるものにわれわれのリソースをつぎ込むことについて、考え直しています」
「日本のゲーム市場は、今やDSを軸に展開しています。このシチュエーションに冷や水をかけるようなことは必要ないでしょう」

また、岩田氏はWiiのハードと同時に10以上のソフトを発売することを明らかにし、ロンチタイトルの数が2ケタになることがGCの二の舞にならないために必要だと語っています。
「64やGCのときのように、ロンチに数タイトルしか提供できないようでは、ユーザーのサポートを勝ち取ることはできないことをわかっています。2ケタにしたいと思っていますし、それは可能です」

そしてXBOXやPS3について、任天堂はそれらをライバルだとは考えていない、と語っています。
「私たちの目標は、次世代ゲーム機競争に勝つことではありません。ゲームマーケットを広げ、ゲーム人口を拡大することなのです。…… 私たちはソニーやマイクロソフトとだけではなく、潜在的な消費者の皆さんが持つ無関心とも戦っているのです」

「私たちは、ゲームをやらない人ややめてしまった人を呼び戻すことを、そして家庭の中のゲームをする人としない人の間にある壁を壊すことを、はっきりと目標だとしている唯一の会社です。もしその目標が達成されれば、私たちがナンバーワンになるよいチャンスです」
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

    次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  2. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  3. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

    Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  4. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  7. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  8. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

アクセスランキングをもっと見る