人生にゲームをプラスするメディア

Wi-Fiにも対応した『スターフォックスDS』は先祖返りのQ-Games開発

任天堂 DS

任天堂はニンテンドーDS向けに『スターフォックスDS』を開発中であることを発表しました。「アサルト」以来の新作ということになります。米国での発売日は2006年8月26日となっています(国内での発売日は不明)。

ライアットは助けを求めています。プレイヤーは全て豪華な3Dでレンダーされた空間を、分岐が用意された様々なミッションを通じてアーウィンで戦い抜きます。(画面写真を見る限りでは、「アサルト」のようにアーウィン以外で戦いをやっていくということは無さそうです)

『スターフォックスDS』では指揮官の視線で展開される新しい戦略要素を含んでいます。タッチスクリーンをしようして、プレイヤーは自分と仲間達が取るルートを引き、マップ上の拠点を戦略的に押さえていくような戦いを指示することができます。

ゲームではローカルのワイヤレス通信では8人までの空中戦を楽しむことができ、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」でも4人までの戦いを行う事ができます。

ゲームの画面写真はリンク先をご覧頂ければ分かると思いますが、「アサルト」などよりは初代のスーパーファミコン版に近い雰囲気があります。それもそのはずで、開発は京都のQ-Gamesという会社が行っています。ここは元々アルゴノーツで初代を任天堂と共に開発したスタッフが中心で設立された会社です。PS2の技術デモ(あひる)の制作元でもあり技術は折り紙つき。初代のように性能の限界に挑戦するようなゲームになるかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

    『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

  2. 『スマブラSP』ダッシュファイター「ダークサムス」が紹介―ミサイルの形や立ち姿など所々に変化が

    『スマブラSP』ダッシュファイター「ダークサムス」が紹介―ミサイルの形や立ち姿など所々に変化が

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』フェス「きのこの山 vs たけのこの里」事前投票はたけのこ有利!【読者アンケート】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  7. 『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

  8. 『スプラトゥーン2』新ステージ「アンチョビットゲームズ」小ネタ11選─細かいところにも見どころ多し!

  9. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  10. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る