人生にゲームをプラスするメディア

セガが「ゲームクリエイター独立支援プログラム」を策定、第一号は中氏

ゲームビジネス その他

セガは、ゲームクリエイターへの新たなチャレンジと将来に向けた支援として、社内から独立した開発会社の設立と、個々のクリエイターの独自性・才能を重んじたコンテンツ開発に専念できる仕組みづくりとして「ゲームクリエイター独立支援プログラム」を設けることを発表しました。

「ゲームクリエイター独立支援プログラム」は主な支援として、独立開発会社への20パーセント以下の出資、新会社への開発委託を掲げています。第一弾としてセガのクリエイティブオフィサーを務めた中裕司氏の支援を行い、これをモデルケースとして、将来的には汎用的な制度として導入する予定だそうです。

中氏は、6月1日に株式会社プロペ(PROPE,Ltd.)を設立し、セガは10パーセントを出資します(資本金1000万円)。プロペはラテン語で「すぐそばに / 近い未来に」という意味だそうです。以前から独立が言われていましたが、セガとは今後も近い付き合いを続けていくということになりそうです。プロペでは近いうちに人材の募集を始めるとのことです。

業界を活性化させるような試みは応援したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. サイバーガジェットから本体と同時発売されたPSVita用アクセサリーを一挙紹介

    サイバーガジェットから本体と同時発売されたPSVita用アクセサリーを一挙紹介

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

    新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  4. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  5. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  8. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  9. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

  10. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

アクセスランキングをもっと見る