人生にゲームをプラスするメディア

EAが従業員の5パーセントをレイオフ―業績不振で

米国の大手パブリッシャーのエレクトロニック・アーツはコスト削減の為に6500人の全従業員のうち約5パーセントの職員をレイオフしたことを明らかにしました。一部の従業員には再配置などの措置が取られたようですが、320〜350名程度がレイオフされたと見られています。

ゲームビジネス その他
米国の大手パブリッシャーのエレクトロニック・アーツはコスト削減の為に6500人の全従業員のうち約5パーセントの職員をレイオフしたことを明らかにしました。一部の従業員には再配置などの措置が取られたようですが、320〜350名程度がレイオフされたと見られています。

このレイオフの翌日に発表されたEAの第3四半期業績は売上高が前年度比11パーセント減少の12億7000万ドル、純利益が31パーセントダウンの2億5900万ドルとアナリストの予想を下回る厳しいものになっています。Xbox360の販売が思わしくない点が不振の要因と見られ、レイオフもこれが原因だと考えられます。

EAは依然として同社が北米と欧州でプレイステーション2、Xbox、PSP、PCで最もゲームを売ったパブリッシャーのままであると強調しています。

プレスリリースによれば四半期中に発売したタイトルのうち『NBAライブ06』・『SSX on Tour』・『タイガーウッズPGAツアー06』・『007ロシアより愛をこめて』・『Battlefield 2:Modern Combat』が100万本を超え、『ニードフォースピード モストウォンテッド』・『FIFA06』・『ハリーポッターと炎のゴブレット』・『ザ・シムズ2』は年末商戦で200万本を突破したそうです。また『マッデンNFL06』は米国で550万本、全世界では700万本が売れているとのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  2. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

    【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  5. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  6. 「『牧場物語』は3DSで」「評価の高いゲームの続編も」マーベラス株主総会で

  7. 2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

  9. オール福岡で実施され、思わず涙もこぼれた福岡ゲームコンテスト授与式

  10. 【レポート】ティーン・エイジャーが未来を創る「アプリ甲子園2015」結果発表、優勝は小学6年生

アクセスランキングをもっと見る